記事一覧

トラックバック一覧

トラックバック一覧

「 Oriental resort・ Sanctuary cape」・「聖域の岬」・「パワースポット」をキーワードにした、10年度広告デザイン

今年は遂に、約二千年間もの長きに渡り眠っていた、出雲国の「国引きの神話」に登場する伝説の、石川県能登半島最先端・聖域の岬(珠洲岬)を、
東洋のリゾート・聖域の岬( Oriental resort・ sanctuary cape)と称し、日本三大空中展望台と伝説のパワースポット共に公開する事に致しました。

石川県能登半島最先端・珠洲岬(すず)を二千年の時を経て公開に至る五つの理由。

1・封印されていた能登半島最先端、10万坪を140年ぶりに買い戻した。

2・日本を代表する「日本三大・聖域の岬」を、空中展望台と共に公開する。

3・伝説の、強力パワースポット・パワーホールを一部公開を検討。

4・能登への観光客数は年間約620万人だが、最先端まで訪れた人は、0人である。

5・聖域の岬は能登(天へ登る)の語源と成った天竺の不思議な仙人が住んでた岬。

ファイル 100-1.jpg

広告デザイン、基本コンセプト

「大切な人との時間を夢のように過ごす」

「まるで映画の世界かバーチャル空間の中に舞い降りたかのような sanctuary resort」

A・[ロゴタイトルdesign]

  1・聖域の岬

  2・能登観光の新しいランドマーク空中展望台「スカイバード」完成。

  3・New Concept [Oriental resort・ sanctuary cape]

B・[色彩design]

色彩心理学・心地よいと認識される彩色割合に基づき、黒・青・赤・黄を配色。

C・[形状design]

形状心理学・角や円を含む、視覚の均整感を調和させ、安定した信頼感を確立。

D・[自然と宿とオリジナルな旅のdesign]

 大自然に囲まれた、ここしかない最先端のリゾート感あふれる奥能登の秘湯。

E・[伝統と日本旅館をdesign]

  能登の風土と歴史、進化する日本旅館の文化を、国内外にアピールする。

ファイル 100-2.jpg

上記に記載した、お気に入りの写真4枚を並べてみました。

この写真の先が能登半島の最先端です、針葉樹や落葉樹が多く茂り、海と魚との連携もうまく取れ、日本一の海洋植物分布率を誇る、海洋植物の聖地となっています。

ファイル 100-3.jpg

空中展望台の全景。

ウイキペディアでは、東京のサンシャイン60と大阪梅田のスカイビルと共に、日本三大空中展望台に認定されました。

ファイル 100-4.jpg

初雪の空中展望台からのランプの宿風景、冬はこの様な景色がご覧になれます、
一年を通して冬季のリピーター率が一番高く、アンケートでも次の結果となっています。

1位・冬の日本海
2位・雪と温泉
3位・カニと鰤と鍋料理

ファイル 100-5.jpg

夕焼けの空中展望台、展望台の先からの景色を是非一度ご覧下さい、
この写真以上に迫力と浮遊感が体感でき、大切な人との一生の思い出になります。

Orientarl resort・ Sanstuary cape (東洋のリゾート・聖域の岬)
日本三大聖域・日本三大パワースポット・日本三大絶景温泉・日本三大空中展望台

トラックバック一覧

新年あけましておめでとうございます

ファイル 99-1.jpg

今年も、自家の神棚には、「神棚拝詞」
須須神社には初詣に行き、新たな願いを込め、お神楽をあげて参りました。

皆様も今年が良い年でありますように、二拝・二拍手・一拝。

掛けまくもかしこき 天照大御神 産土大神等の大前を拝み奉りて 恐み恐みも白さく 大神等の廣き厚き御恵を辱み奉り 高き尊き神教のまにまに 直き正しき真心もちて 誠の道に違ふことなく 負ひ持つ業に励ましめ給ひ 家門高く 身健に 世のため人のために尽くさしめ給へと 恐み恐みも白す。

須須神社は紀元前からの由緒ある神社です、能登へお越しの際には是非一度お立ち寄り下さいませ。

日本三大聖域、パワースポット、空中展望台

トラックバック一覧

世界が注目する「日本三大パワースポット」聖域の岬は「世界三大聖域」と言える。

1・新発見!!「能登半島沖・大和礁に救世主出現」まさに世界三大聖域の証である?

古代の人々は空の天体や星座に夢をはせ、物語や星に名前を宿し信仰心までも求めた。
そして現代、グーグルアース等で地球を汲まなく観察し始めると、新たな発見に出会い、海底の山脈や渓谷までにも、世界各国では様々な愛称やニックネームが付けられようとしています。

そこで今回、能登半島最先端沖の大和礁の海底に眠る、神の顔にも似た海溝の発見に、愛称を授け、全世界にアピールしたいと計画を致しております。

また以前よりこの海域を往来する、魚群探知機や各レーダーを完備した船舶の、船員や船長からは、「能登の沖には守り神が住んでいる」との話は聞いていました、そして近年実際グーグルアースで確認でき、その伝説は本当の事であったと強く確信でき、とても感激致しております。

更に、この能登半島先端の地形は、上空では寒帯・亜熱帯のジェット気流、海流では寒流と暖流の融合地で、世界でも特有な日本独自の気象「四季」を形成する特殊エリアでもあり、地球規模でのこの偶然の奇跡的なエリアは、自然系の「世界三大聖域」として全世界に堂々とアピールできる地であろうと考える次第です。

まずはこのグーグルに映し出されている青い海底の構図をごらんください、

皆さん、何かに見えませんか?

感受性の高い方ならもうすでに、お分かりの方がいらっしゃるかも知れません、

答えは下記に記載しました。

ファイル 98-1.jpg

(写真の図形確認は高度700マイル位から認識できます、現写真は高度130マイル付近。)

皆さん、お分かりに成られましたか?

答えは、能登半島の海底にある「顔の形をした海溝」です。

穏やかで高貴な「顔の模様」は、国内外の様々な人達によっても見え方が違うそうで、

例えば
キリスト教の方々には、聖人・イエス・キリスト
イスラム教の方々には、ムハンマド・イブン
日本の仏教の方々には。幼少の親鸞聖人

私には、空から舞い降りた「美男の救世主」か「天使」の様にも見て取れました、皆様は如何でしょうか?

ファイル 98-2.jpg

2・power spot concept design・ NO1

この図形は、能登半島最先端に集結する「大地の気流」・大気と海流の「寒流」・「暖流」など気の融合地点を、世界三大聖域のコンセプトデザイン化したものです。

ファイル 98-3.jpg

3・これが日本三大パワースポットたる由縁の「証明写真」です

さて、このグーグルからの一枚の空撮は、上記のデザインを明確に証明する物で、
まず聖域の岬から伸びてる潮境の白線が見えませんか、写真右側から寒流、左側から暖流が流れ込み、能登半島の先端で海流同士ぶつかり合い、その衝撃波が一本の長い線になって現れています。

日本三大パワースポットと称される聖域の珠洲岬は、太古の昔より天と地との大気の「気」が集結する、類い希なエリアとも言えます。

皆様も強力な、日本三大パワースポット「聖域の岬」に来られ体験して見て下さい。

下記のブログでも詳細をご案内してますので、ご覧いただければ幸いです。

ファイル 98-4.jpg

4・能登観光最先端の最終目的地。能登半島最先端「聖域の岬」への案内板が、各所近県に1月から設置されます。

ファイル 98-5.jpg

5・更に広域圏からの観光案内誘導板も検討中です。

[道路幹線情報]
各種道路の高速化や整備により、これまで輪島・和倉までの時間で能登半島最先端まで楽に来られるようになりました。

*日本の国土をほぼ一直線に横断する形の、日本三大パワースポットとは

静岡県 富士山・ (活火山・断層地帯)
長野県 分杭峠・ (ゼロ地場地帯)
石川県 聖域の岬・(大気の融合地帯)

*グーグルマップにて二カ国語で下記の通りに登録します。

日本語・聖域の岬に眠る世界の救世主「大和」
英語 ・World Yamato Savior who sleeps on the Sanctuary」

石川県・能登・聖域の岬・日本三大パワースポット
パワースポット鑑定士 刀禰秀一

世界三大聖域

オーストラリア サンクチュアリーコーブ (聖域の入江)
ベトナム    サンクチュアリーミーソン(ミーソン聖域)
日本      サンクチュアリーケープ (聖域の岬)

トラックバック一覧

ランプの宿売店様の「大屋産・のとひかり」「大屋産・こしひかり」の包装試作品が出来上がりました。

かねてより、ご宿泊されたお客様よりお帰りの際、「朝夕のご飯が今まで食べたことのない位、とても美味しかったので、少し譲って戴けませんか」とのご要望が大変に多くありました。

そこで今回、美味しい秋の新米が収穫された期に、お客様が欲しがられているものを販売してみたらどうかとスタッフ一同で、再度お米の厳選、デザイン、価格等に至るまでの企画を組み立て、この度の実施に至りました。
奥能登の大屋地区は30戸位の小さな中山間地集落ですが、下記のブログにも記載した美味しいお米の条件を満たした日本でも数少ない、お米の産地です。

大屋産全体のお米生産量と限定希少米と表記させて戴いた理由

お米耕作面積・約15町歩(1町歩3000坪)
生産総トン数・約54t  
米俵総数  ・約900俵

お米品種
ひとめぼれ・80%(720俵、43.2t)
こしひかり・10%(90俵、5.4t)・・・この内約半数が農家自家米として消費
のとひかり・10%(90俵、5,4t)・・・この内約半数が農家自家米として消費
(入手が極めて困難なお米なので、世間の人は大屋産米の存在すら知りません)

*ランプの宿・今年度「大屋産米」購入予定量

特徴
1・美味しい大屋地区のお米を探し、直接農家に頼み込み、田んぼ丸ごと一括購入
2・未検査米の利点(10等級米中)1等・2等級米を自分の目で確認し低価格購入
3・玄米のまま低温安定保存

大屋産こしひかり・約1t
大屋産のとひかり・約1t

*売店用「大屋産」購入予定量

未検査米
大屋産こしひかり・約0.4t
大屋産のとひかり・約0.4t

ファイル 97-1.jpg

大屋産こしひかり(未検査米)見本米を展示しますので安心して確認できます。

特徴
しっとり感とお米の旨味が強く、日本人が最も「ご飯らしいご飯」と称するお米。

用途
主に、朝食用の美味しいご飯、お茶漬け。

料金
360g合入り・500円
600g合入り・800円

ファイル 97-2.jpg

大屋産のとひかり(未検査米)見本米を展示しますので安心して確認できます。
特徴
一粒一粒が光輝き、素材の味を引き出すあっさり味のご飯。

用途
主に、料理を召し上がる夕食用、お寿司やさん用に最適。

(モデルは、まだ了解を得ていませんが我が子です)

ファイル 97-3.jpg

お米の種類はこの他、次の品目を検討中です。
特徴
旨味のこしひかりと50%、あっさり味の、のとひかり50%ブレンド米。

用途
主に、焼きめし、オムライス、カレーライス用

料金
3合入り・500円
5合入り・800円

*更に、寄りこだわりと品質を極めたい方用に。

品名
春歌 ・100%こしひかり玄米
彩也夏・100%のとひかり玄米
優里花・こしひかり50%・のとひかり50%ブレンド玄米
(ブレンドは二種類購入されれば、お好み通りに変えられます)

*Google Earth にて石川県珠洲市(スズ)三崎町大屋で検索されると、この場所が現れますので一度見ていただければと思います、とてものどかな山村です。
(ランプの宿より10Km、車で約15分)

トラックバック一覧

新日本三大「夜景の綺麗な温泉旅館」・「日本三大絶景温泉」を目指して

以前から世界各地にある、夜景の綺麗なホテルやお城、自然公園等に興味があり、特に関心のある所には幾度となく現地に出向き、その地を開発整備したコンサルタントや各種のセミナー等に参加し、各国特有の環境に配慮した照明の在り方や、最新の効果的なライトアップの手法等を学びながら、今回のライティング及び空中展望台計画を進めて参りました。

参考地・   アメリカサンフランシスコの「カーメル」
コンセプト・ 環境に配慮しつつ、「明るすぎず暗すぎず」
色彩戦略・  三原色プラスアルファの「心理的催眠効果」
ライティング・全ての灯りは生き物を照らす様に「下から上へ」

ファイル 96-1.jpg
ファイル 96-2.jpg
ファイル 96-3.jpg

展望塔内より、日本三大空中展望台を望む。

ファイル 96-5.jpg
ファイル 96-4.jpg

展望塔最上階「望楼の間」より、月明かりに照らされる姫島灯台。

新日本三大「夜景の綺麗な温泉旅館」・「日本三大絶景温泉」を目指して。

ランプの宿で使用のお米・天皇の献上米で知られる、珠洲市大屋産の新米「幻の能登ひかり」が出来ました。

奥能登の中山間地、珠洲市大屋は、類い希な自然環境と共に近年日本の注目を浴び、古来には新潟県の米どころ、上杉謙信・上杉景勝公らも好んで食したと伝えられ、刀禰家の北前船の間では隠密米とも称されていた、また近年は天皇に献上された献穀田でも知られ、日本で有数の極めて希少性の高い、お米の特選地区と成りました。

そこで本日は、ランプの宿の「ご飯」はどうして美味しいと言われるのかを書いてみます。
珠洲市大屋産のお米は、なぜ極上なのか?
珠洲市大屋産のお米は、なぜ希少なのか?
珠洲市大屋産のお米は、なぜ美味なのか?
また、幻のお米と言われる由縁を、検証してみました。

ファイル 95-1.jpg

特徴その1   水質

一般の水田は、水田用のため池から水を供給するため、コケで濁ったり、半ば腐りかけの水でも使用せざるを得ないが、大屋地区の山間部は東洋一の埋蔵量を誇る、珪藻土質で、保水力があり、田んぼの水はため池を必要とせず、きれいで酸素いっぱいの新鮮な水を稲に供給できる。

A・大屋の大自然の地層(上質の粘土質)がため池代わりとなっている。
B・大自然の針葉樹、落葉樹たちからの、豊富な栄養水がわき出る。
C・上流に民家など人工物が無く、古代からの森が今も息づいている。

ファイル 95-2.jpg

特徴その2   気候

能登半島は南からの暖流と、北からの寒流が交わる日本でも類い希な、特殊気候を有する地形であり、海洋・陸上植物分布率が日本一で、その為か他の農産物も、味、品質共、際立って美味しい。

A・大屋の気候は、植物の南限北限エリアに位置し、日本でも貴重な特殊地域。
B・中山間地特有の寒暖の差も大きく、昔から稲穂に最適な条件が揃う自然環境。
C・上流ほど粘土質が良く、天皇献上米の献穀田より、約40m上流に位置する。

ファイル 95-3.jpg

特徴その3  能登にしか穫れない貴重品種

ランプの宿では、日本人の食の基本である「ご飯」にも十二分に配慮し、出来るだけ、朝食用の米と、夜食用に米を分けています、

夕食用=「新米・能登ひかり」能登独特の貴重品種で、料理を沢山食べた後でも、食味が良くさっぱりしている為、美味しくご飯が食べられます、お寿司やさんの定番とも言える米です。

朝食用=「新米・奥能登こしひかり」米の旨さを知り尽くした奥能登農家の自家用飯米として栽培され、希少性が高く食味は最高です、朝食用としたのは、そのまま食べてもご飯のおかずが入らないくらいに美味しく、卵やのり、梅干し、お茶漬け等にも最適で、日本人が忘れかけていた「お米の味」を発見する事が出来ます。

ファイル 95-5.jpg

特徴その4   奥能登・大屋産米は天皇にも献上できる極上米

実は個人的なお話ですが、昨年天皇への献上米を栽培する早乙女に我が子、春歌(はるか)が運良く選ばれ(写真左から4番目)、春の新嘗祭献穀田田植式と秋の新嘗祭献穀田抜穂式に出席し、皇室用のお米をつくるお手伝いをさせて戴きました。

場所、石川県珠洲市大屋、写真中央は中家(なかいえ)夫妻

*当日は石川県知事、珠洲市長をはじめ多くの報道陣が詰めかけ、奥能登・大屋産米の栄誉や極上の美味しさ、希少性等々をアピールされ、日本の高級ブランド米としての展望をも視野に入れた、新たな取り組みにも言及されました。

ファイル 95-4.jpg

特徴その5   乾燥

珠洲市大屋地方へ行くと、田んぼの横や、あぜ道沿いによく、はざ干し米が目に入ります、朝早くから日暮れ遅くまで農家の方が、家族総出で稲を干す様は遠い昔を思い出し、いつまでも見入ってしまいます。

A・太陽の日差しをいっぱいに受けた、天日干し。
B・逆さつりにする事により、稲わら中の旨味と栄養分も籾に集まり、絶品の米になる。
C・低温でむらなく、ゆっくり乾燥

*11月中旬より宿の売店でも、奥能登・大屋産のお米として、日本中にここしか栽培していない、美味しい美味しい「のとひかり」と「大屋産・こしひかり」を販売する予定です、お楽しみに。

オンライン予約特典・「ズワイガニ料理」無料特別企画開始

この企画は、10月10日より開始した、オンラインでご予約された方のみに適用させてい戴く特別なもので、11月7日頃よりのズワイガニ解禁に合わせ、通常1万円の「献上ズワイガニコース」を特別に、無料サービスとする限定企画です。

「献上ズワイガニコース」は、水深約400mに生息する身の詰まったズワイガニと、水深約800mに生息する、甘い紅ズワイガニの二種類を同時に食べ比べ出来る、この季節にしかできない贅沢な企画で、ランプの宿が日頃皆様方への感謝の気持ちを込め、開催するものです。

ファイル 94-1.jpg

「献上ズワイガニ料理コース」

ご宿泊者限定、無料特別企画の二品。

この企画は、カニを捕る漁師の多大なご協力を得て実現する事が出来ました。

ファイル 94-2.jpg

宿のすぐ前の海岸で、生きたままのズワイガニを「さっと水洗いし」カニ本来の旨味を整えます。

ファイル 94-3.jpg

大きな釜で、「きれいな海水と地下水と能登の天然塩」で丸ごと一気に茹で上げます、この炊き上げ方は昔からの炊き方で、海水を入れることで、天然のミネラルや多様な成分等がズワイガニの旨味と解け合い、他では味わえない極上のカニの味に仕上がります。

ファイル 94-4.jpg

釜ゆでされたズワイガニは、そのままお客様の食膳に直行します。

ファイル 94-5.jpg

期間は、解禁中の11月7日頃より、3月の終わり頃まで盛大に開催いたします、
お気軽にお問い合わせ下さい。

能登ズワイガニ料理・カニ料理

聖域の岬・「光の空中展望台」・幽玄のライトアップ整備中

現在、聖域の岬・「光の空中展望台」のライトアップを段階的に設置しています。

本来なら、完成された姿を最高のインパクトで、ご覧になって戴くのが一般的な経営者の手法だと思うのですが、私の場合は折角こうしたブログが有る訳ですから、最新情報として、完成まで段階的に写真を載せて行こうかと考えています。

後暫く掛かりますが、出来るだけ光源を押さえながら、心に残る「幽玄のライトアップ」を計画していますので、ご期待下さい、現在の完成率は20%です。

聖域の岬・「光の空中展望台」ライトアップ計画概要

concept
コンセプトとしては、ランプの宿と海岸全体のライトアップとの融合をはかり、大自然の中に忽然と現れる、「超常的・光のアート」と題し表現したいと思います。

1・空中展望台ステージ及びスロープ
2・空中展望塔外観
3・空中展望塔館内
4・オープンテラス
5・天空の橋
6・プロムナード(誘導灯)
7・効果スポット

完成時には、このホームページで、聖域の岬・光のアート展を行いたいと考えています。

また、将来的には、新潟県の雪国、十日町市が行ってます「大地の芸術祭」・「水と土の芸術祭」の方々と国土交通省のシーニックバイウエイ事業を通じ、奥能登絶景海道の新企画「海と光の芸術」(仮称)との連携を図り、国際的にも羨望と必然性の高い、日本三大芸術祭などを開催できればと考えています。

ファイル 93-1.jpg

近日中に、左側の空中展望台・通路部分の下側に、淡い電球色の灯りが入ります。

ファイル 93-2.jpg

9月30日の夕暮れ。

ファイル 93-3.jpg

ハリーポッターの映画のように撮って見ました。

ファイル 93-4.jpg

雲が流れるスピードの如く、一瞬赤の世界がパッと花咲いた瞬間。

ファイル 93-5.jpg

赤の世界を、5分前で塗り替えた、夜の使者。

ライトアップ完成時にはトップページにて、空中展望台アート特集を検討中です、ご期待下さい。

トラックバック一覧