記事一覧

日本三大芸術祭開催予定地にて、能登のアートスポット建築・念願の第二「望気楼」着手!!

今から約434年程前(天正6年・1578年)刀禰四郎右衛門と言う代々廻船問屋を営む当主が、望む気が備わる場所を発見したと皆に伝え、この場所に「望気楼」と言う小さな祠を建てた。

事実、四郎右衛門がその中に2時間程いると、強運の七人の人間に成り得たとも伝えられ、北前船で北海道まで行き交う数々の難航路の中でも、北前船は一隻も沈まず叉船員も一人も海に落ちることなく、明治の20年頃まで営業を続けられたと伝えられています。

望気楼はその後、昭和45年(1970年)まで建っていたのですが、当時米ソ冷戦時代、北朝鮮の拉致が多発していた頃、能登半島最先端に位置するこの岬一帯を台場の役目(監視所)とする為、自衛隊・警察・公安当局が、そこに建っていた望気楼を撤収してしまったのである。
以来いつかこの地にもう一度、刀禰家代々からあらゆる願いが叶うと言われる「望気楼」を復元させたいと思い遂に着手に至りました。

ファイル 130-1.jpg

船主用と船員用の二カ所あった望気楼の内、まず今回は船員用望気楼跡地から着手します。

また今回は、芸術との新たなる融合で、進化した第二の望気楼を体感して戴きたいと思っています。

キーワードは、
超絶景+神話+アートスポット建築+パワースポット+貸し切り。

ファイル 130-2.jpg

日本三大国際芸術祭に向けた、能登のアートスポット建築、
たとえ一本の木でも、自然環境は大切に確保します。

ファイル 130-3.jpg

望気楼はアート建築、アートスポット、アートなパワースポットとして皆様方に楽しんで戴きたく思います、建設中の現在も見学者から「これは何ですか?」のご質問が絶えません。

ファイル 130-4.jpg

小さいながらも眺めは、714年古事記や日本書紀の「国引きの神話」に登場する場所が望める超絶景地。

(国引きの神話とは、昔し出雲の国が小さかったので韓国の新羅や、能登半島の最先端の土地を持ってきて今の出雲の国を創ったとの神話です。)

ファイル 130-5.jpg

お部屋の広さは4.5畳、4棟2種類で企画設定をしました。

写真の手前2棟は、床全体が揺れる、ブランコ形浮遊タイプのオープン棟
写真奥の2棟は、床が固定で周りにガラス建具を配置した、個室棟

日本有数の絶景なるアートスポット建築をご提供致します。

*「日本三大国際芸術祭」はすでに商標登録を完了していますので宜しくお願いします。

日本三大プライベートビーチ「三日月ヶ浜」にて松任谷由実さん撮影

ファイル 129-1.jpg

ファイル 129-2.jpg

ファイル 129-3.jpg

撮影は聖域の岬の南海岸に位置する日本三大プライベートビーチ「三日月ヶ浜」で行われました、前日まで波が荒かったのですが、当日奇跡的に天候が回復し、快適に撮影されました。

ファイル 129-4.jpg
石川県能登半島の先端「聖域の岬」は日本3大パワースポットのひとつ。
古来、最果ての聖地として、国引きの神話にも登場し、暖流と寒流、亜熱帯と寒帯の両方が合流するウルトラパワーの集積地。
能登空港から、山並みや漁村、集落など何気ない日本の原風景を眺めながら辿り着いて見た海は、息をのむほどの絶景。どこにもない強い気を受け止めてきました。
「美スト」7月号〜ユーミンの美しきたましい紀行〜 冒頭より

ファイル 129-5.jpg

日本三大プライベートビーチ「三日月ヶ浜」にて、宿のスタッフが5月15日「アザラシのひなたぼっこ姿」を携帯電話で撮影、こんな近くに居るなんてと感激していました。

写真左、アザラシが上陸してひなたぼっこをして遊んでいた跡。
写真右、写真中央が磯遊び中のアザラシ。

この日本三大プライベートビーチ三日月ヶ浜は不思議な浜辺で、5〜9月頃まではイルカ(世界最北)やカメ、それに南国の海に生息し廻遊するタコ貝(学名アオイ貝)、
その他貴重な微小貝、更に木の化石や木の葉石など、多様性に富んだ原始的地球環境をかいま見ることのできる場所でもある。

撮影者、外内ゆかり・鹿児島奄美大島出身・28歳

Cafe&Bar プールサイド メニュー

ファイル 128-1.jpg

快適な朝、潮騒と野鳥のさえずりを聞きながらのコーヒーは如何でしょうか。

ファイル 128-2.jpg

新たな価値観が誕生する至福のひとときを。

お誕生日、記念日などに利用の場合は、ご予約して置かれる事をお勧め致します。

アート建築デザイナーズ 絶景の温泉旅館・Cafe&Bar「 プールサイド」

アート建築デザイナーズ 絶景の温泉旅館に、cafe&bar「プールサイド」オープン。

丁度オープンの日は、歌手の松任谷由実さんが、雑誌「美スト」の取材(5月17日発売)でお泊まりになられた日でした。

ファイル 127-5.jpg

ファイル 127-1.jpg

今回ここに設置した椅子とテーブルは、先月バリ島へ視察に訪れた際、アヤナ・リゾートのロックバーに置かれていたものと同一で、デザイン・フィット感・機能性・耐久性も強く、現在世界のリゾート地でもよく見られる物です。

ファイル 127-2.jpg

5月5日、この夜のお月様があまりに綺麗なので、思わず空中展望台とcafe&barを撮って見ました、機会があれば何かに使ってみたいと思います。

ファイル 127-3.jpg

日本建築の粋と機能美を追求したデザインで具現化した
能登半島最先端の超絶景空中展望台。

目標は新潟の越後妻有で行っている「大地の芸術祭」、
瀬戸内海に浮かぶ島々で開催をしている直島の「瀬戸内国際芸術祭」と並ぶ
日本三大芸術祭を2014年北陸新幹線開通と共に開催したく、
オリジナルなアート建築として10年の歳月をかけ、完成させた作品です。

作品名   空中展望台「スカイバード」

デザイン  刀祢秀一
設計    松鶴善吉
施工    谷口建設

ファイル 127-4.jpg
 

昇り旗の材質は、安全性と耐久性を考慮してステンレス仕上げとし、
また上部を絞り込む事により、緊張感とスピード感を両立させ、
展望台園地全体に配慮したカラーリングを施した。

アート建築・超絶景デザイナーズ温泉旅館、能登ランプの宿

絶景 能登半島最先端・聖域の岬に10万本に一本しか咲かない、貴重な野生の「幻の恋椿」が満開

絶景 聖域の岬には10万本に1本しかないという貴重な野生のピンク色の椿が咲きます、この椿は近年幸運をもたらす「恋椿」「幸運の椿」とも言われ女性の憧れの椿として人気が出て来ました。

ファイル 126-1.jpg

絶景 聖域の岬自然環境保護センター、
お土産品のベスト5は
一位・パワーストーン(ブレスレット・ストラップ等)
二位・きんつば(あずきのお菓子)
三位・のり(聖域の岬付近でとれた黒のり)
四位・塩まんじゅう(吉森菓子店の力作、無添加)
五位・聖域の岬キーホルダー(能登半島最先端到達記念)

ファイル 126-2.jpg

広大な奥能登「やぶ椿」の原生林は、遂に八丈島を抜いて日本一となりました、
4月〜5月の沿岸部の山肌は、濃い緑と赤い椿で彩られます。

ファイル 126-3.jpg

赤の石段、お天気が良かったら軽くお散歩に如何でしょうか、20〜30分位で聖域の岬への遊歩道や空中展望台等が、野鳥の鳴き声と共にご覧になれます、

ファイル 126-4.jpg

10万本に一本とも称される野生に咲く「幻の恋椿」。

ファイル 126-5.jpg

恋椿(幸運の椿)の由来は、昔から、綺麗なピンクの花びらを二枚ひらって、大切にすると様々なご縁や、縁談などの願いが叶うと言われることから、いつの間にか恋椿と呼ばれるように成りました。

近年この季節には聖域の岬に咲く、恋椿(幸運の椿)の花びらを一枚でも集めたいと、県内外を問わず、本当に沢山の方々がお越しに成られます、特にこれからご結婚を考えて居られる人には絶対にお勧めです。

能登半島最先端 絶景聖域の岬 恋椿は幸運の椿

2014年本格的アートツーリズムの幕開けとアートスポット・ 日本三大芸術祭開催の有力候補地「聖域の岬」・「アート建築」

2014年 北陸新幹線開通に伴い記念イベントの一つとして、昨年日本初の世界農業遺産に認定された、能登半島最先端の里山里海の地を舞台に、国内外の芸術家や各界のアーティスト達等による芸術祭を、本市内に10カ所程度開催する計画です、
その中で、聖域の岬の園地内にある、石彫フレームストーン「夢の扉」がシンボルモニュメントとなり、また自然景観、各施設、ライトアップ等全体が「聖域の岬アートゾーン」となる予定です、本格的アートツーリズムの幕開けとアートスポットとしてもご期待下さい。

2月9日 18時 積雪約10cm 本日絶好の冬景色。
アートな(芸術)世界観が目前に広がる、聖域の岬の入江。

ファイル 123-1.jpg

ランプの宿から望む、浮遊空間とアート建築との融合「空中展望台スカイバード」。
アートスポット
ディザイン  刀禰秀一
設計     松鶴喜善
施工     谷口建設

ファイル 123-2.jpg

天然のマイナスイオンとアート建築との融合、貸し切り風呂「波の湯」。
ディザイン  刀禰秀一
設計     松鶴喜善
施工     谷口建設

ファイル 123-3.jpg

アートスポットな入江とアートなライトアップ「日本三大絶景温泉の夜景」。

*この日もカメラマンや写真家の方々が、聖域の岬のアートな世界を撮影中でした。
*2014年、日本三大芸術祭開催の有力な候補地の一つとして聖域の岬が上がっています。

本格的アートツーリズムでアートスポットな建築体感

トラックバック一覧

旋律なアート(芸術)に出会える瞬間、能登半島最先端・聖域の岬を目指す!!

毎年この季節はリピーターの方々が多く、日本海の荒波を眺めながら、ゆっくりと露天風呂に入り、夜は美味しい料理で特別なひとときを過ごされに来られます。

今年度の予約の携行は、円高にもかかわらず、アメリカ・オーストラリア・欧州からの予約が急増し、また海外のマスメディアがとても多くなって来た様です、
能登最先端の小さな宿ですが今後とも「より日本・より奥能登・より先進的な秘湯らしく」皆様方のご要望と共に、進化して行きたいと考えて居る所です、
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

ファイル 122-1.jpg

旋律のアート(芸術)に出会える瞬間!!
石彫「フレームストーン・夢の扉」
2014年、北陸新幹線開通に合わせ「日本三大芸術祭」開催予定のシンボルモニュメント。

このフレームストーンからの眺めは、遥か昔、714年日本書紀・古事記の時代「国引きの神話」に登場する場所が観られる神秘の石彫で、古代文化と現代が直結する夢の扉です。

(国引きの神話とは、島根の国が小さいので、韓国の新羅の岬、能登の最先端珠洲岬の土地を引っ張ってきて現在の出雲の国を創ったとの当時最大規模の神話)

ファイル 122-2.jpg

雪の空中展望台「スカイバード」

ファイル 122-3.jpg

一度観たら忘れられない*超絶景*です。

ファイル 122-4.jpg

今年は久しぶりによく降ります、写真は携帯のカメラで撮ったので画像は小さめです。
夜景の画像は「以前のおきにいり」に入っています、是非とも観ていただければ幸いです。

トラックバック一覧

日本最強「能登半島最先端」聖域の岬より海に浮かぶ姫島灯台を望む

ファイル 121-1.jpg

「聖域の岬」が日本最強・日本一・日本三大パワースポットとも言われる理由。

海洋学的・気象学的・文化的に特殊エリア(2011年6月・日本初世界農業遺産認定)

日本最強パワースポットの歴史的・伝説的事実(下記に参照)

紀元前・・・能登の名称の基の岬、不思議な天竺の仙人が能く(天へ)登った場所=能登

紀元前・・・日本の東北の鬼門に当たる岬として、第十代崇神天皇が須須神社を建立。

714年・・・古事記・日本書紀の「国引きの神話」に登場。

1274年・・1281年と二度に渡る蒙古襲来の際、「お台場」の役目を果たす。

1550年・・刀禰四朗右衛門が七人の「超人的人間」に成り得たと言われる場所。

1580頃・・文献では大日金剛堂、望む気が備わる祠「望気楼」が建立。

1853年・・ペルーの黒船襲来時にも「お台場」の役目を果たす。

1970年・・北朝鮮による日本人拉致に備え「お台場」の役目を果たす。

****・・竹内文書、日本を龍体とすると珠洲岬(聖域の岬)は宝珠に当たる。

諸説は様々有りますが近年、再注目されつつある竹内文書とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%86%85%E6%96%87%E6%9B%B8

ファイル 121-2.jpg

宝珠の部分に当たる所は、あらゆる願いが叶う日本で最強な場所とも言われる。

日本最強・日本一・日本三大パワースポットと呼ばれる理由でした。

トラックバック一覧

新年あけましておめでとうございます

ファイル 120-1.jpg

新年あけましておめでとうございます、今年もどうか宜しくお願い申し上げます。

写真は、能登半島最先端「聖域の岬」「空中展望台」「ランプの宿」を望む。

この聖域の岬は、竹内文書によると日本は龍体で、珠洲岬(聖域の岬)は龍が持つ「宝珠」にあたり、あらゆる宝が授かるパワーのある場所として認められていたらしい。
(竹内文書とは、漢字伝来以前の太古の文字によって綴られた、日本の皇統系歴史書)

透明度抜群の聖域の岬。(能登半島海域の平均透明度は20〜25m位)
その理由は、能登は高い山脈が無い為、大きな河もなく、従って雨が降っても泥水が大量に海に流れ出ないので、雨が降った場合でも約1日で海水が全て入れ替わるからです。

また昨年6月、奥能登の、里山里海が日本初(世界で8番目・先進国初)の世界農業遺産に登録認定され、奥能登の気候・風習・伝統・文化等が世界的にも貴重なエリアと認められました。
そこで、この世界農業遺産エリア内に営業する責任において、個々の自然環境を保全、保護するため今後自発的に幾つかの規定を設けさせて戴く予定です。

***世界農業遺産認定時における、一般の経営者ならまずやらない「自然環境保護自主規制対策」***

1・年間宿泊者数15500人を10000人に削減。
(自ら総売上を3分の2とし、すでに一昨年より完全実施)

2・空中展望台入場者数を自然保護地区並みに限定する。
(能登観光の入り込み数、2010年度620万人に対し、空中展望台入場者数を自然保護地区並みに厳選強化し、6分の1以下の百万人とする)

3・15万坪の敷地に建つ、聖域の岬自然環境センターの活動の始動
(聖域の岬の環境整備の運営は入場料・寄付・募金・ボランティア活動等、皆様の暖かいご支援の元で成り立っています、今年度は遊歩道・ボート乗り場・滝・洞窟周辺の整備をし、

日本のサンクチュアリーとしての定義を確立し、現在海外から「富裕層の憧れの地」として多くの取材を受けていますが、さらに寄り一層の環境保護に配慮し、活動を行います)

4・近年海外からのお客様の思考が変化し、自家用小型飛行機やヘリコプターでお越しの方が増えて参りました、そこで小動物や自然環境を損なわない特定の場所に、ヘリポートの設置を検討する事としております。

5・「ランプの宿のお客様」には大変なご迷惑
「自社経営のマネージメント」に置いは、無謀とも言える挑戦ですが、地球の自然環境保全・保護のため何卒ご理解とご協力の程を宜しくお願い申し上げます。

トラックバック一覧

越中おわら風の盆・三大流し 

今年も10月第一土曜日(10月1日)に能登半島最先端の町、珠洲市飯田で第17回目の「飯田おわら風の盆」が開催される。

越中おわら節は、お隣の富山県を代表する民謡の一つだが、その由来を辿ると、元は石川県の門前町から発展し、富山の八尾で今日の様に唄われ、花開いたとも伝えられている。

珠洲市飯田で行われる「越中おわら風の盆」の三大流しは、どこか素朴で、遠いふる里を思い出すかのような町流しで、唄も踊りも三味線・太鼓全てにおいて、まさに正調「おわら風の盆」と言えよう。

ファイル 119-1.jpg

県外の皆さま、一度だけでも是非聞いて戴けませんか。
私も越中おわら節が大好きなフアンの一人です。

トラックバック一覧