記事一覧

絶景ランプの宿、「幸せの浜」に漂着する、神の使者“アオイ貝”

ファイル 10-1.jpg
1000年の時を越え、今も生き続けるアオイ貝(タコ貝)の伝説

古来より、出雲の神(島根県・出雲大社)から能登須須神社への「神の使者」とも言われ、二つの貝を合わせると、神秘の光を放つハートの形に成ることから、幸運を呼ぶ、「幸せの貝」・「縁結びの貝」とも呼ばれました。

昔は若い男女が、貝を拾いに、海岸を散策する姿が、よく見られ、同じサイズの貝を探し続ける光景を、よく目にたものです。
また、この貝は、日本の武将 徳川家康の、御紋のモチーフにも使われたとも言われ、葵の葉のような形をしています。

また今年、宿の海岸で、10個程見つけました、ご覧になられたい方は、私どもに、お申し付け下さいませ、奥能登の人でも知らない方がいる程、貴重な貝です。

ファイル 10-2.jpg

学術的にアオイ貝は、

生息地、 オーストラリア
生態系、 タコ化に属し、姿はタコに似てるが足は10本、貝の中に、
小さなオス(雌の20分の1)が同居し、その中で卵もふかす。

能登への漂着は、アオイ貝の北限と言われ、日本では、五島列島、佐渡島、
能登半島の海岸、いずれも、約8km位の範囲に見られる。

そう言えば、20年程前、アメリカの最南端にある、キーウエストと言う町の、お土産店に入った時、アオイ貝がありました、遠く知らない町なのに親近感をおぼえた記憶があります。
ちなみに、価格は、一個、30ドル、大きい物で50ドルで、キーウエストでも貴重なものだと知らされました。

写真は「1000の星 1000の愛」より(発行:知玄社/発売:青雲社)

能登を紹介されてる本の中では、一番気に入ってます、
私も今度、アオイ貝が泳いできたら、撮影して写真をアップして見たいと思います。

ランプの宿、今年の三大 「小さな親切・大きなお世話」パート1 日本三大パワースポット・聖域の岬購入。

・・・・・・・・・・ランプの宿、長期ビジョン構想策定に向けて。・・・・・・・・・

遂に念願の、日本三大パワースポット・聖域の岬(珠洲岬)を購入。
ベスト3

1 念願の、「日本三大聖域の珠洲岬」、10万坪を購入。

この能登半島の最先端エリアは、岬のパワースポットとして、世界のリゾート開発の投資家達からも、注目されている魅惑の土地で、これまでも様々なアプローチがあった場所でも有る。

またここは、代々我が刀禰家が所有してた土地で、150年ぶりに一部買い戻した、今後もご縁が有れば引き続き購入したいと考えています。
ファイル 42-1.jpg

五大特長

A・ 絶景なる日本三大パワースポット、 能登半島最先端・聖域の珠洲岬です、
ここは日本一植物・海藻の分布率が多く、また海の透明度が極めて高いでもある。(写真左上で5〜7m 写真右下で20m~25m)

B ・ 敷地内には、二つの洞窟が有り、海から舟で入れる大洞窟・ 舟がくしと、陸から入れる、人がくしが有る。

舟がくしに生息する、生き物(奥行き約 100m で 二羽の青鷺)

人がくしに生息する、生き物(奥行き約 60m キツネ、タヌキ、イタチ、テン、キジ、コウモリ、等多種多様)

・・・・・・昔は山伏山まで(約700m以上)続いていたとも言われている。・・・・・・

C ・ 出雲の神々の使者(アオイ貝)が、たどり着く「幸せの浜」。
恋愛・結婚・縁起等に何故か効果のある、幸せのパワースポット・プライベート・ビーチがある。
実際この時調査に加わった、結婚志願のスタッフが、10月と11月に、相次いで結婚し**(木下秀也夫妻・古畑卓哉)**(現在は全員結婚)、幸せのパワースポットを今に立証している。

D ・ 朝日、月の出、満天の星空が望め、1Km沖には、神秘の姫島灯台が、望める。

姫島とは、古来から海路の難所と言われ、現在でも恐れられている。
文献によると、元禄時代より、北前船など50隻近くもの船が、座礁しているとも伝えられ、またランプの宿の沖には、第2次世界大戦時、日本海軍の潜水艦、イー号も沈んでいる。
(現在は、この乗組員の慰霊碑が、緑ヶ丘中学校にあり、当時の事を、三崎町・寺家の一枚田 宗九朗氏に、聞くことができる。)

D ・ 漁場の真ん中に位置し、サザエ 、アワビ、お魚、海藻類など、新鮮な海の幸が身近に豊富に取れる、また世界的な渡り鳥の宝庫でもある。

(能登のへぐら島では、渡り鳥の種類が、世界最高の、332種類が飛来する)
・・・・・来年春、オプショナルツアー企画の中に、へぐら島日帰り観光コースを検討中です、お楽しみに。・・・・・・・・

E・ 数々の小説、歌 等の舞台になる、奥能登最果ての岬である。

(文豪では、吉川 英治作・新 平家物語、 柴田 連三郎作・眠狂四郎等、
歌では、阿久悠作詞・都はるみの・北の宿、石川さゆりの・みさき隠れの旅の宿、川中美幸の・らんぷの宿で、等多数)
ファイル 42-2.jpg

ランプの宿の、長期ビジョン作成に向け、7人+a で、新たなる旅立ち。
ファイル 42-3.jpg

1200万年前にできた、日本的にも珍しい溶岩洞窟。
珠洲市史に寄ると、源 義経ゆかりの大洞窟。
村上 源三作のNHK 源義経のロケ地にもなった、奥能登の観光名所である。
ファイル 42-4.jpg

入り口を通過すると、中は思ったより、とても広い、その先60m程舟で入ると、砂浜があった、すばらしい、別世界だ! 誰もが興奮した。
ファイル 42-5.jpg

と、その時、洞窟の上から、キュウーキュウーと何か、かん高い声がした、「何だアレは!!・・・・・・・ 」

ランプの宿、今年の三大 「小さな親切・大きなお世話」パート2 日本三大聖域とパワースポット

・・・・・「巨大な鳥だ"」「こっちへ来るゾ"」

正体は、野生の青鷺 二羽でした。(羽を広げると2mくらいに見えた)

ファイル 43-1.jpg

大洞窟の興奮が、冷めやらぬ間に、次の視察地幸せのパワースポット・「幸せの浜」へ。

この小さな入り江は、いつの頃からか、砂に願いを書くと、願いが叶う、幸せの浜辺、とも言われる神秘に満ちた砂浜で、
昔から、出雲からの、使者タコ貝伝説、源 義経と蕨姫の伝説、刀禰家の伝説、など不思議な由来が耐えない海岸で、まさに日本のサンクチュアリーコープ(聖域の入り江)とも言えよう。
(また、この写真中央の5人も、この海岸を訪れて間もなく、それぞれに結婚した。)

ファイル 43-2.jpg

この海岸(約1km)は、次世代への多様化するニーズ、価値観、希少性、
ロケーション、隣接地との相乗効果等、あらゆる可能性に適合できる、
「創造の聖地」とも言えよう。
長期ビジョンのコンセプトは、
「自然と共存する、世界基準の、不思議で快適な、日本三大聖域、パワースポット」
キーワードは
「空中、水上、洞窟」+プライベートリゾート
ファイル 43-3.jpg

久しぶりに、「幸せの浜」で、ツーショット。

近い将来、新計画を検討中。

日本三大聖域の岬、より回遊型の遊歩道を整備。

源 義経の舟がくし・人がくし等の 洞窟体験(上陸できたら砂浜で、コーヒータイム)。

「幸せの浜」で、自由行動、(人がくし探検、クリア・グラスボート、水上遊具、ハンモック小屋、シャワー施設、ジャグジー、リゾートチェアで、極上のプライベートビーチ一人占め、ワイン、お茶、お弁当セット付き)。

お帰りは、専用カートで好きな時間に、お帰りに成れるように、できればと考えています。

2 絶景の露天風呂付き客室、エステサロンを増設、貸切露天リニューアル。

3 日本旅館のタイムシェアへの展望、海外への調査研究チーム設立。
(年間5回〜7回の海外調査)

・・・・・・・・・・講演・パネラー活動・・・・・・・・・・・・・
ベスト3

1 能登活性化フオーラム・パネラー 珠洲商工会議所、観光部会長として (観客数・1500人)

2 能登元気フオーラム・パネラー ランプの宿、代表取締役として (観客数・1500人)

3 校長・教頭研修セミナー ・ 講演 ランプの宿、代表取締役として (先生方・ 150人)

・・・・・・・・・・奉仕的活動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベスト3

1 カジノ合法化に向けた研究活動。
A 第4回カジノサミット・沖縄に向けてのコンセンサスづくり。(第1回目は、能登で開催)
B カジノ法案、設立に向けて、国会議員・各省庁・内閣府・の方々と共にの勉強会。(議員会館にて、順次開催)
C 国際カジノ産業の、海外実体調査研究。(年間3回)
D 日本経済とカジノに関する講演会活動。(多数、順次開催)
E 日本カジノ誘致連合会、副会長・ 能登にラスベガスを創る研究会、会長としての責務活動。(多数、順次開催)

2 国土交通省・ シーニック・バイウエイの実行委員(フオーラムのパネラーとして、順次出向)

3 国際ロータリー第2610地区、次期ガバナー補佐としての活動。

4 国際ロータリー第2610地区、米山奨学基金、活動委員 (米山功労賞2回受賞)

・・・・・・・・・・番外変・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベスト3

1 すず警察署・沿岸防犯警備委員。(15年間)
北朝鮮密からの入国者の警備、及び拉致被害の再発防止。(昔は普通に、ソ連の偵察機が宿の真上、100m位上空をよく飛んでいました、当時小松基地からのスクランブル発進は、170回を越えたそうです、また、密入国船もたまに発見されます)

2 幼稚園や保育所などへの慰問活動。(15年間)
節分には、鬼、クリスマスにはサンタクロースになり、お子様方に夢を与える、まあ年長組さんには、バレてるらしいけど。

3 能登の海岸清掃。(35年以上)
宿の前の海岸にも、対馬暖流にのって、残念ながら、様々なゴミが打ち上げられます、大体は韓国製が多く、数年前には韓国の奇麗な家が、ほとんど丸ごとの状態で、宿の前に打ち上げられたことも有りました、実はこの頃、韓国人の倫理や道徳、常識等をかなり卑下した覚えが有ります。

しかしその数年後、ハワイの東海岸のきれいなビーチになんと、日本製の、ペットボトルや、油の入ったままのポリ容器、ベットのマットやドラム缶等々、粗大ゴミが、南国の青くきれいな砂浜を、覆い尽くしていました。

この光景、ショックと言うか、信じられないと言うか、日本人の一人として、ハワイの住民の皆様方に、大変に申し訳ない気持ちと、同じ地球に暮らす仲間としての恥を、痛感させられました、。
ハワイの住民の方々は、日本の文化、風習、モラル、国民性等を、どう感じておられるかが、今でも、とてもとても不安です。
私があれほど韓国の国民性を疑っていたから・・・・・・・

来年07年、1月7日より、ハワイでの仕事の打ち合わせが終わり次第、
誠に微力ながら、日本国民の名誉一部回復の為にも、清掃らしき活動を行う計画です。

いや予定にしておくか!!

日本三大パワースポット・日本三大聖域の岬

ランプの宿、カジノ合法化にむけた,第1回「マカオ学術調査団」報告

ファイル 12-1.jpg
アメリカ、ラスベガスにある、ベネチアンホテルの約2倍規模にあたる、世界最大の、カジノホテルの建設現場。(車中より撮影)

近未来カジノ産業の、新たな金字塔計画とも言える、コタイ・ストリップ地区のリゾート開発エリアは、敷地面積、720万m2,
ホテルの客室総数は、20、000室、アパート、30、000室、これら新開発エリアと、既存のカジノ施設を会わせると、最終的に10万室となり、掛け金の利幅を考慮すると、マカオがラスベガスを抜いて、カジノエンターテイメント産業の、世界一となる。

17世紀より合法化されている国と、これからカジノ導入の意義を模索しようとする国とのギャップを、この工事現場を眺めながら改めて、感じさせられました。
ファイル 12-2.jpg
カジノ伝説の神様、ラスベガス・サンズ社オーナー兼会長のシェルドン・アデルソン会長と、私も僭越ながら、感激の握手。

(写真の一口コメント)この時、私に最も長く、ご挨拶のお時間を、お取りに成られました。
理由は、,色彩力学を用いて制作し、たカラーの名刺に興味を持たれて、約10秒、そして、私のりゅうちょな英語のご挨拶に捕まって10秒と、合計20秒も取って戴きました。
この場を借りて改めて、ご挨拶を述べさせて戴きます。

この日は、ラスベガス・サンズ社社長ウイリアム・ウエイドナー氏とも握手を交わすことができ。光栄の至りでした、ただこれまでなら、ここで感激をして終わりなのですが、今回は、サンズ社側では、アジア最大のマーケット、日本市場に向けて、巨大カジノ・ビジネスの売り込みと信頼性の確保、また日本側としては、次世代への日本経済構築に向けて、国際観光のあり方を模索し、カジノエンターテイメント産業の、ありのままの姿を調査研究すべく使命を鑑みながら、双方の経済的展望をもはかる上で、有意義な出会いであったと言えよう。

シェルドン・アデルソン氏の紹介
全米長者番付 2006年 09月 22日付けで 第3位
資産総額 161億ドル
資産増加 1時間当たり 160万ドル (1日43億、1年間、1兆5695億)
ファイル 12-3.jpg
写真上の、巨大建設現場で記念撮影。
サンズ社の、オーナー兼会長と社長共々、2時間30分もの時間を我々調査団のために裂いて戴きました、世界的経済人自らの、トップセールスの姿勢と、日本カジノ市場への期待を、改めて感じさせられました。

ファイル 12-4.jpg
カジノマーケテングセミナーと将来展望についての講義。

ファイル 12-5.jpg
第一回 マカオ学術調査団の集合写真
世界遺産「マカオ歴史地区」 視察
写真、右が視察団の団長、衆議院議員・萩生田光一先生、
写真、左が私です、お間違えのないように。

能登にラスベガスを創る研究会からは、私の他、
運営専務の、安用寺 伯文氏と、大貫 千賀子、明子親子が参加した。

カジノ議員さん達と、ランプの宿、刀禰秀一

ホテルの夜景、刀禰秀一

ディスカッション、刀禰秀一

マカオ政庁にて。
3大特長
1 車で約2時間で回れる、40万人の国に、06年で2000万人と急増の観光客。
(日本は1億2700万人の国に、632万人)
2 インフラ整備、社会福祉の充実、税制の優遇、治安の向上、等が目覚ましい。
3 世界最大のカジノマーケット確立に向け、責任と自覚、希望と勇気、埃と謙虚さが、新たな国民意識を構築させていた。
握手、ランプの宿、刀禰秀一

世界最大のカジノホテルチェーン、ハラースのミシェル・チェン氏との再会

アジアのカジノマーケット担当局長のチェン氏とは、昨年ラスベガス視察の際、大変にお世話になりました。
更に、社長自ら開催する、日本市場向けのプレゼンや、カジノフロアー及びバックヤード等の施設の案内に至までと、此までにない歓待を受けました。
現在、チェン氏は、日本のカジノ合法化の動向を、最も注目している人物の一人である。
日本市場、進出に積極的な理由
1 日本の治安は、先進国中でもトリプル A である。
2 国際観光立国としては途上である、(海外の観光客の入り込み数は、国連加盟国中、34位約632万人、一位はフランスで約8770万人)
3 アジア最高の経済大国
4 現在のアングラ カジノ(地下組織)(インターネットカジノ)で約10兆円・・・国税庁予測・・・とも言われるお金が、税収として上がらず、国益に伴ってない。
5 世界戦略を展開する、カジノ投資家達が、日本市場を21世紀最大のマーケットとして位置づけていて。いわゆる真打ちは、日本と結論づけている。

チェン氏より、シンガポール向けのカジノホテル情報。

このカジノホテル、ナイアガラの滝の、2倍相当量の水が45mの高さから落ちる仕掛けで、視察団一同から、歓声があがった。
カジノフロアは約4%、と平均的だが、水辺空間の演出が際立った。

高台より夜景

ランプの宿の、目前で繰り広げられる、渡り鳥の「幻の最終飛行訓練」

ファイル 13-1.jpg
この写真、野鳥愛好家のあいだでも、なかなか撮影が困難と言われている、「幻の飛行訓練中」の光景です。
何故、撮影困難かと言うと、この飛行訓練が行われる場所が、ごく限られ、
1 シベリアに一番近い、宿のすぐ横の敷地周辺(半径約500m)に集結する。
2 訓練範囲が、周囲3〜4km以内の、岸辺のみにて訓練。(その為、この
光景が見られるのは、能登半島の最先端に生活している、200人位のごく
一部の漁師の人くらいしか、知らない)
3 練習期間が短く、普通のリーダーで5〜6日、統率力のあるリーダーなら
3日位で、飛来して行く。
以上の観点から、「幻の飛行訓練」とも呼ばれている。
ファイル 13-2.jpg
ヒヨドリの群(約250羽)の、リーダー (写真、右上)撮影に成功。
使用レンズ (Nikonレンズ 300m 2,8)

今年の練習期間は、約5日間、この日の練習内容は、急上昇、急降下、ジグザグ飛行、低空飛行と最終仕上げの強化訓練で、気迫ある、統率力の取れた訓練で、とても見事でした。
この撮影した次の日には、遠くシベリアに向かったのか、もうその姿は、見れませんでした、一羽でも脱落することなく、目的地まで無事、飛んでほしいと願うものです。
ファイル 13-3.jpg
貸切露天風呂の上を通過中の、渡り鳥の群。
渡り鳥情報
能登半島の沖にある、へぐら島には、世界最高の渡り鳥の種類(332種類)が訪れ、世界中から、野鳥の会の方々などが、調査、研究、観光などに訪れています。
ここ、ランプの宿がある金剛崎は、能登半島の最先端にあるため、4月〜11月位の季節には、毎日、約30万羽〜35万羽くらいの、海鳥やカモメたちが、魚の群を追って、移動する様を見ることができます。

また古来より、この地域は、暖流と寒流が交わる、日本でも特殊な気候風土として知られ、海藻の分布率、陸上では、植物の分布率が、共に日本一多く、世界的にも、注目されている。

絶景・ランプの宿 カニ料理コース

ファイル 14-1.jpg

ランプの宿では、日本有数の魚介類の宝庫と言われる、大和礁で捕れた、大きなズワイガニを、丸ごと釜湯でし、そのままお客様の食前に運びます。

おいしさの理由
1 カニのサイズが大きく、形の良いのを選ぶ。
2 カニ味噌。カニの実入りがぎっしり詰まっている物を選ぶ。
3 カニの旨味を引き出す為、きれいな海水・天然水・天然塩で、ボイルする。
4 丸ごと湯で上げ、一気に氷で旨味を閉じこめる。
5 酢にもこだわり、旨味を引き出す、ズワイガニの為の、カニ酢を使用。
ファイル 14-2.jpg
06年にオール電化にした、明るく、清潔で、機能的な厨房。

料理長、五十嵐 悟(以下三人)による、ズワイガニの姿盛り。

ランプの宿の食前には、このカニが、解禁中の3月中旬位まで、冬期間限定で、全員召し上がる事ができます。
尚、追加注文の際には、1パイ 5000円〜8000円
活きカニのお刺身は、 1パイ 10000円〜12000円 (要予約)です。
ファイル 14-3.jpg
能登沖、大和礁の カニです、水深 約400m~500m 籠、底引き期間限定漁。

お泊まりの皆様へのお願い、日本海が長期に渡り、大しけになった場合、
カニの水揚げが、止まる場合が有りますので、何卒ご容赦下さいませ、
このカニも年々、高くなって来ました、
能登の大和ガニの、一パイ付けはいつまで付けられるのだろうか?

絶景・ランプの宿 月夜の露天風呂付き客室(月あかり7) 「Japan best Onsen Ryokan」

ファイル 18-1.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」

ムーンセラピーにピッタリな、ランプの宿4番目の、お部屋付き露天風呂が完成です。
このお部屋の特長は、荒磯の波打ち際、ギリギリまで出したテラスの先に、小さな望楼空間(展望台)を設け、ゆったりと心ゆくまで、能登の美景を眺めていただきたく設計致しました。
この位置から、3月〜11月までは雄大な海からの朝日が望め、また月の出も月々によっては望めます。
この日の撮影状況は、日本海が眠っているような静かな夜で、とても幻想的な満月が撮れました。

japan best onsen ryokan

絶景・ランプの宿 露天風呂付き客室 「Japan Onsen Ryokan」

ファイル 19-1.jpg

「Japan Onsen Ryokan」

ランプの宿、絶景お部屋付き露天風呂「月あかり 3号室」です。
「水平線まで私のお庭」をコンセプトに設計されたこの部屋、特長としては、6畳間のロフト空間が併設され、電動階段で昇ると言うプラスαの楽しさ付きです、また日本海に面した露天風呂とテラスは、まるで海上に居るかのような迫力で、24時間、お風呂と絶景が眺められます。

ところで皆様、水平線からゆっくり昇る幽玄の」「赤い月」見たことありますか、この日のお月様は、まさにその光景でした、しかし感動のあまり写真撮るの、ついうっかりして、忘れてしまい失敗してしまいました、また次回に気合いを入れて頑張ります。

絶景ランプの宿 ・プライベートビーチ 「Japan Onsen Ryokan」

ファイル 20-1.jpg

「Japan Onsen Ryokan」

玄関より、離れ、貸切露天風呂、プール、エステルームを望む。
今日は満月がとても奇麗なのと、少し暇だったので9箇所の撮影をしました、
まあしかし、いざ撮り出すと何故か焦ってしまい、損な性格丸出しの写真になってしまいました、もっと落ち着いて確実に撮らないと思うのですが・・・・・
エ〜ト何でしたっけ、あっ そうそうお月様の見れる日ですが、満月の日は確かに1日ですが、前後会わせると10日位はお月様は見れますよ、
失礼致しました、そのくらいのこと誰でも知ってますよね、
気が向いたら、トップページに満月カレンダーを張り付けて見ようかな?

絶景・ランプの宿 月夜の露天風呂 「Japan Onsen Ryokan」

ファイル 21-1.jpg

「japan Onsen Ryokan」

やわらかな月光に包まれて入る、ランプの宿の「小さな入り江の露天風呂」よしが浦海岸の中央に位置するこの露天風呂は、日本海が大荒れになると、波しぶきか入ってくる大迫力の露天風呂です、また12月〜3月頃には、冬の風物詩とも成っている、波の花(洗濯石鹸の泡の様なもの)が、手の届く位置で体験でき、200t〜300tの波の花が、シベリアからの強風に煽られて、一斉に舞い上がるそのさまは、まるで地球の超常現象とも言えます。
先日もあるご夫婦が、ライトアップされた、幽玄の波の花に魅入られ、「うちの主人が1時間30分経ってもまだお風呂から上がって来ません、心配になりました、生きているかどうか見てきてもらえませんか」と、捜索願いが出された程凄い現象になります。
実は私、その波の花の、超常現象を写真に撮りたいのは やまやまなのですが、水中カメラではうまくいかず、普通の状態でそれらを撮ろうとするとカメラに塩が付着し、レンズもカメラ本体もダメに成りそうなので、そこまでして撮る根性が有りません。
もう少し人間的に成長したらチャレンジしてみたいと思います。
尚、「波の花」はひと冬に12〜15回程度見ることができ、このブログの少し前の方に、恐る恐る撮った波の花の写真が3枚付けてあります、よければご笑覧下さい。