記事一覧

珠洲沖(聖域の岬)に絶滅危惧種の国内最大生育地

ファイル 146-2.jpg

写真左上がランプの宿です、
能登半島の海の透明度が高い理由
高い山がなく、大きな河もない為、南の島並に海はきれいです。

ファイル 146-1.jpg

この他にも藻場の生息率は日本一で、様々な海洋植物の宝庫です。

ランプの宿に降りる坂道に名前を付けましたが、日本一長い名前の坂道になりました。

日本一長い名前の坂道

短縮名「夢観坂」ゆめみざか
ファイル 145-1.jpg

正式名称

「もしかしてこの坂道を下ったら、運が付き いつか必ず宝くじが当たるかも知れない、いやそれどころか金運・開運・勝運・商売運・仕事運・健康運・安産運・子宝運・無病運・学業運・受験運・合格運・縁結び・更には若返り・招福・厄除け・家内安全・必勝運・名声運までまとわり付き、更に更にもしかしてこの坂道を登ったら、徳が付き 刀禰四郎右衛門の様に七人分の強運な人間に成るか、この地に住んでいた天竺から来た法道仙人のように、いつか必ず空を飛べる人間に成り得るかも知れない、と新たな希望が身につく 夢観坂」。

どんな名前にしょうかなと真剣に、ここに書き込みをしながら考えていたらいつの間にか、日本一長い名前の坂道になりました、どうぞお見知りおきを。
まあでも一応念のため、覚えられない方のための手引きです。

中短縮名

「もしかしてこの坂道は夢観坂」 

短縮正式名称

「夢観坂」

*刀禰四郎右衛門とは、14代前、廻船問屋を営んでいたご先祖の名前です。
*法道仙人とは、紀元前聖域の岬に住んでいたと言われる伝説の空飛ぶ仙人の名前です。

ランプの宿に続く日本一長い名前の坂道

能登半島沖の海溝に、幸運の女神「Lady Luck」と愛称を付けました。

幸運の女神「Lady Luck」命名の由来

天正元年(西暦1573年)刀禰四郎右衛門が北前船(貿易船)で北海道へ向かう際、強風と高波に遭い、帆柱と舵を失って三日三晩漂流中、突如女の神様が海から現れ大きな息を5回吹きかけると、たちまち自分の居た港に入り船員達もかすり傷一つなしに助かったと伝えられている、そしてこの様なことが3回も起こったが全て朝靄の中から女の神様が海から現れ5回息を吹きかけられ港に入れて助かったと言われている。

また似たような伝説が能登の蛸島にも「早船狂言」として今も伝えられている。

更に近年この海域を往来する魚群探知機を完備した船舶の船員さんや船長からは、「能登の沖には守り神が住んでいる」との話は聞いては居ました、数年前グーグルアースで海底の地形を発見し、まさにその伝説が本当の事で有ったと確認でき、驚きと感激を隠せません、

私は今回の発見を先祖が体験した奇跡を基に、世界中の人々にもこの奇跡が授かるように広くこの地を開放したくこの計画を実行して行くます、

とかくこの聖域の岬は不思議な伝説が多く下記のブログにも書きましたが、
1・紀元前の伝説
天へ登る(能登の語源)事が出来る天竺から来た仙人が住んでいた。

2・天正時代(約450年前)の伝説
この地へ来ることで望む気力が備わり、七人の人間に成り得た。

3・明治後期(約130年前)
この時代のお水が未だに腐らずに飲める(能登北部保健所分析確認済み)

等々

ファイル 144-1.jpg

全世界から「救世の地」として、また「心のよりどころの地」として聖域の岬にお越しになっていただきたく計画致しております。

早ければ約2ヶ月後にGooale Earth の能登沖に愛称名と写真が添付され、世界に配信される予定です。

ファイル 144-3.jpg

海底に眠る幸運の女神「Lady Luck」に一番近い聖域の岬と、空中展望台とランプの宿。

ファイル 144-4.jpg

能登の里山里海が世界農業遺産に認定され、世界の海洋研究家、海洋科学、海洋生物家たちに一躍注目を集めています。
特徴
1・世界的に注目度の高い(太平洋沿岸には無し)ツルアラメ。スゼアマモ、ホンダワラ類など藻場の環境保全度が極めて高い。

2・能登の沿岸には多様な「海中林」「海中の森」が広域的に棲息する。

3・伊勢湾、瀬戸内海など日本全土ですでに絶滅したとも伝えられてるホソエガサ、カサイリ科、海草類が今尚奇跡的に生息している。

4・日本最大の暖流寒流の特殊合流海域ゾーンのため、日本最多の315種の海草類が生息。

5・現存藻場の分布率が能登半島が14,761ha(7.3%)で日本一。

本日は「幸運の女神」愛称発表と言うことで、関連して海洋植物のご案内でしたが、

陸域の植物もハワイから樺太までの寒帯亜熱帯の植物分布率は日本一。

野鳥の渡り鳥飛来種に至っては356種のダントツの世界一。

世界一幸運の女神「Lady Luck」に近い聖域の岬(sanctuary cape).

ファイル 144-5.jpg

世界一「幸運の女神」に一番近い、能登半島最先端聖域の岬より。

参考文献:「日本列島の地殻」金沢大学理学部教授 絈野義夫氏
ファイル 144-2.pdf

参考ブログ:「世界三大聖域」 2009年12月28日

japan Food tourism 日本のフードツーリズムに向けてと日本三大金運ねこ

世界中の人が、本格的にお寿司や懐石料理など日本の食文化に関心を持ち始め、今日では様々な国から、お食事をメインに日本を訪れると言う方々が増えられました。

ランプの宿でもヨーロッパ・オーストラリア・アメリカなど海外からのお客様も急増し、能登エリアにおいて海外の宿泊人数は3番目に多い宿となっています。(1位加賀屋・2位高州園・3位ランプの宿、石川県庁調査)
今後も日本の伝統文化を、おもてなしの心で表現し、
450年間の歴史の中、秘湯、温泉旅館、を経て新たな日本旅館の幕開けと成りつつあります。

ファイル 143-1.jpg

ファイル 143-2.jpg

チョット一言
これが噂の「日本三大金運ねこ」ちゃん。
能登の土で作った珠洲焼(すずやき)アートの金運ねことして、お土産に大人気です。

特に、海外のお金持ち、富裕層の方々が日本三大金運ねこと称され、大量に購入なされます。まあ日本古来から伝統的に、どこの家庭にも金運や大きな福を招くとして1つや2つは有りますが、遂に全世界にこの猫ちゃんが飛び火しています。

ランプの宿の売店にも「日本三大金運ねこ」と販売してますが、ほとんど売り切れ状態です。ゴメンナサイ。

japan,food tourismと日本三大金運ねこ

ギャンブリング*ゲーミング学会 第10回学術大会・総会

第一回日本カジノサミットを能登で開催してから10年、
ギャンブリング ゲーミング学会学術大会も10年。
30兆円産業と期待されてる IR法案提出はいよいよ今年度中か。

ファイル 142-1.jpg

ファイル 142-2.jpg 

写真左上・日本の外貨獲得の救世主、大阪商業大学 谷岡学長。
写真右上・人類最強の爬虫類?でなく霊長類でしたっけ?、吉田沙保里選手。
写真左下・夢の構築エンジニア、現オリンピック招致委員の溝畑宏。
写真左下・パイオニア精神の日本維新の会、国対委員長の小沢衆議院議員。

ファイル 142-3.jpg

全国カジノ誘致協議会の副会長として、アッと言う間に10年経過しました。

フジテレビ・全日本温泉宿アワード2013(日本人が今一番行きたい温泉宿No1決定戦)に参加させていただき誠にありがとうございます。

ファイル 141-1.jpg
本日、19時〜21時 フジテレビ・全日本温泉宿アワード2013(日本人が今一番行きたい温泉宿No1決定戦)に参加させていただきありがとうございました。
これも皆様方のご厚情のたまものと、心より感謝致しております、
また、この番組を機に更なる宿の向上に努めて参りますので、
何卒今後とも宜しくお願い申し上げます。

「能登」の名称の基になってる聖域の岬が「ドラゴンルート」の終着点に

聖域の岬は「能登」の名称由来の地(石川県企画振興部資料より)

時は紀元前、垂仁天皇(すいにん)の頃のお話ですが、

ある日、天竺からきた法道仙人が、皇室より「天皇の皇子が言葉を話せないので治して欲しい」との依頼を受けた、仙人は直ちに仙法を用いて問題を解決すると、「私はこの世ですべきあらゆる事は終えた」と言い放ち、天へと登っていったとか、
以来、聖域の岬(珠洲岬)は「空飛ぶ=天へ登る=能く登る=能登」紫雲に乗って空飛ぶ仙人が住んで居た、神聖な場所と言われています。
ファイル 139-3.jpg
聖域の岬は、天へ登る(能登の語源)事が出来る仙人が住んでいた伝説の岬です。

ファイル 139-1.jpg
能登のアートスポット聖域の岬が、ドラゴンルート終着地点となり発表されました。

新たなインバウンド観光の幕開けを期待でき、広域的経済効果がある計画化ではないかと思います、近年中国の方は諸事情で少なくなっていますが、香港・台湾の観光の方は順調に増えておられますので外貨獲得の為にも楽しみに致しております。

ドラゴンルート推進協議会公式HP
http://www.dragon-route.com/index.html

ファイル 139-2.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/竹内文書
能登アートスポット

Superb view japan onsen ウイキペディアでも「日本三大絶景温泉」とも称されているアートな世界・春夏秋冬のライトアップ

圧倒的な高い宿泊リピーター率を誇る冬季ライトアップ。
まさにSuperb view japan onsen 今泊まって戴きたい特別な季節です。

ライトアップを観に昨年は5〜6万人くらいお越しに成られましたが、今年は輪島にある千枚田のイルミネーション効果もあって、昨年よりはるかに多く、いつの間にやら夜のデートスポットとして定着しました。

*ライトアップの特筆すべきは、雨や雪でも必ずこの絶景の中に泊まれると言う事です。

ファイル 137-1.jpg

ランプの宿周辺の積雪量は平均5㎝前後で、比較的理想的な冬景色が楽しめます、
また、ウイキペディアでもこの聖域の岬エリアは
日本三大空中展望台
日本三大絶景温泉
まさに、superb view japan onsen です。

ファイル 137-2.jpg

「アート建築」と「冬の日本海」と「幽玄のライトアップ」
ここにしかない大自然との奇跡的景観。

ファイル 137-3.jpg

夏の風景です、
空中展望台越しの「聖域の岬北の入江」沖に見える小さな明かりは、漁り火点灯の瞬間です、多い夜には80〜100隻以上の船団が明かりを灯し、まるで海上都市が出現したかのように壮大な風景が展開します。
(1隻の灯す明かりの電気出力は、一般家庭の50〜80軒分に相当します)

ファイル 137-4.jpg

必ずと言っていいほど、お泊まりの方が記念撮影をなされる時間帯です、

春頃からは周りに展示した石彫群や椿の原生林・遊歩道などもイルミネーションやライトアップを計画致しております。

ファイル 137-5.jpg

japan onsen Superb view(絶景) です、また展望塔からの風景も圧巻です。

2013~14年度・日本三大アートツーリズム体験基地 聖域の岬「自然環境体験」整備計画最新情報

アートツーリズム・art tourism とは(大辞林 第三版の解説より)
美術館などの展示施設や、野外彫刻などの芸術作品を巡ることで、地域の文化に触れる観光活動のこと。

2013年度は、これまで長らく誰もが辿り着くことすらできなかった、能登半島最先端聖域の岬周辺を、2011年 世界農業遺産認定に伴い、聖域の岬自然環境保護センターを設置し、日本三大アートツーリズム体験基地化と・アートスポットの新設整備並びに自然環境の保全保護活動を開始致する計画です。

活動計画の本格的始動は2013年度からと成りますが、人類の貴重な大自然の財産を体感して戴くために「自然環境体験整備計画」と言う趣旨で、ひとつひとつ真剣に皆様のご期待とご要望にお応えしながら本計画を進めて行きたいと考えています。
ファイル 136-1.jpg

1・洞窟探検コース・アートなパワースポット・新設(完成予定7月末頃)

自然環境体験整備の最初に予定をしていますのは、長年の夢でもありました神秘の洞窟探検計画です。
この洞窟は今から約450万年〜500万年前の第3紀新世紀にできた安山岩洞窟で、小舟で中に入り上陸して洞窟内を散策できるとても神秘的でわくわくする洞窟です、
しかし現在は波の穏やかな時に舟でしか入れないため、夏の洞窟探検ツアーは毎日朝から夕方まで即予約で満員の状態です、
今回はこの洞窟へ何とか陸から行けるようにと、洞窟横の絶壁から横穴(地下トンネル)を約30m程掘削し、
空に登った天竺の仙人伝説のパワーホールへ到達できるようにと計画しています、ご期待下さい。
ファイル 136-3.jpg

洞窟内の陸上面積約130坪(畳260枚)

2・ショッピングツーリズムを楽しむ(完成予定2014年5月頃)

小さなショッピングモールですが、4ブロックに分かれていて
Aブロックは北陸の人気名産ベスト10
Bブロックは石川の人気名産ベスト10
Cブロックは能登の人気名産ベスト10
Dブロックは聖域の岬オリジナルコーナーとなり
ショッピングツーリズムに最適な、能登半島最先端到達記念のお土産を充実。

3・地中にある空中美術館コース・新設(完成予定2014〜15年頃)

美術館全体の基本コンセプトを考案中ですが、
地中に居ながら千分の一秒間で(一歩前進で)岬の断崖絶壁の中腹から、
絶叫的に景観を望むと言う、言葉では表現しにくい「美術館が美術品の美術館」です。

実現は日本三大国際芸術祭開催時に、国際コンペによって世界の作家達によって創られる計画です、こちらもご期待下さい。

4・チケットセンター・新設(完成予定5月頃)

展望台や美術館、プライベートビーチコース等10種類以上の施設のご案内と入場券の販売をセンターで一括して行い、同時に自然環境保護センターの活動や日本三大国際芸術祭の活動拠点とする。

5・アートスポットな石彫アート群・新規開催(2013年7月頃より通年展示)

2014年に「日本三大国際芸術祭開催地」となる聖域の岬周辺に、現在10基の石彫群を建て始めました。この石彫は能登半島先端珠洲市から採掘した芸術祭彫刻に適した高品質の安山岩を用いて創られた物です。
石彫は約20年前4回開催された「世界石彫シンポジウム」の際に国内外の著名作家達によって製作されたもので、今後国際芸術際開催毎に増して行く予定です。

アートスポットな石彫アート作品名

日本三大縁結びアート、フレームストーン

縁結び・良縁が舞い込むとされる石額で、
「新日本三大縁結びアート」&「新世界三大縁結びアート」として全世界に情報発信されます。

作品名
南限北限のウォッチャーマン  (大・高さ3.7m 小2.8m)
動植物の分布率に変化が現れないかを監視する石人。
ファイル 136-4.jpg

作品名
異次元ゲート
大藤大蛇や舟隠し洞窟・白糸の滝等プライベートビーチ案内の為の石門。

作品名
幸運の矢じり (長さ5.7m)
財宝の在りかの方向を示す金運石
(現在私で14代目ですが、明治22年に十一代目の刀禰傳兵が廻船問屋を営んでいたとき、遭難した伊万里焼を満載した北前船を同業のよしみで購入し、10万枚の器の内1万枚を引き上げた、しかしまだ9万枚ほど器が海底に眠っていると伝えられている、
金額としては「海上がりの器や皿」は縁起が良いので時価総額10億円以上とも言われている、また1995年頃に日本海潜水サービスの社長さんが海底30m付近で発見したが、今だ引き上げは試みてはいない。)

現在の所あくまで予定ですので詳しくはまたブログにてご案内をさせて戴きます。

ファイル 136-2.jpg

多彩なアートスポットを新設し、今後新たな観光キーワードのひとつに成る「アートツーリズム・アートスポット」「新世界三大・新日本三大縁結びアート」を目指してまいります。

japan sanctuary onsen ryokan 聖域の岬・ランプの宿最新観光情報「japan map」

聖域の岬アートスポット巡りの、アートツーリズム体験基地として、新しい休憩施設・オプショナルツアーのご案内「japan map」

ファイル 135-1.jpg

2012年〜13年度の広報レイアウト。

ファイル 135-2.jpg

8月19日開催のタヒチダンス、能登の聖域の岬とタヒチの接点とは、地球規模での北赤道海流と対馬海流がもたらす、アオイ貝の神秘な伝説にあります。

古老の言い伝えによると、アオイ貝は古来より海底に眠る神への使者とも伝えられ、近年能登沖の海溝の形が、幼少の海神ポセイドンか天使の顔に見えると話題に成っています、興味深いそのお顔はグーグルアースで確認でき、どうして昔の人がその事を知っていたのか、現代の謎でもあります。

ファイル 135-3.jpg

「望気楼」望む気が備わる場所と言われ、450年間祠が建っていた跡地に、
小さな別荘を常設しました。
絶景を眺めながら長旅の疲れをゆっくり癒して下さい、
近年若者に圧倒的に注目のアートスポット巡りのアートツーリズムの方々には大人気です。

ファイル 135-4.jpg

「能登」の語源、となっている、能く登る(天へ登る)天竺の仙人が住んでいた、神秘のパワーホールコースで、あらゆる願いと力が備わると言われています。

予約殺到の洞窟探検ツアー、とにかく凄い人気です、
1013年8月には超絶景な断崖絶壁を降りてゆく階段を設置し、更に地下トンネルを約30m位掘りすすみ、舟以外でも到達出来るように計画中です、ご期待下さい。

japan sanctuary onsen ryokan「japan map」 
聖域の岬アートツーリズム・アートスポット体験基地