記事一覧

遂に空飛ぶ仙人が住んでいたと言う、幻のパワーホールに通じる地下トンネルの工事開始

聖域の岬(珠洲岬)にあるこの洞窟は、能登の語源となった空飛ぶ仙人が住んでいた場所と伝えられている幻の洞窟です。

まるで孫悟空の様な、天竺から来た法道仙人とは、
偉大なパワーの持ち主で、紫雲に乗り空を飛べる術を会得していたと言う、伝説の超人仙人です。
空を飛ぶ→天へ登る→能く登る→能登(石川県庁観光資料より)

近年、マスコミにもこの洞窟に入ると万能パワーが充てんされ、幸せな結婚が出来ると度々紹介されまして、舟で行く洞窟探検ツアーが、若い女性やカップルで賑わってます。
事実パワーホール体験したランプの宿スタッフの約88%は3年以内に結婚しています。

ファイル 151-1.jpg

この洞窟内、入り口付近は
1〜3月ころ・・アザラシが立ち寄る場所(スタッフも感激し写真撮影しました、2012年5月19日の公式ブログにて投稿)
5〜7月ころ・・希にイルカの子供が遊びに訪れます(世界最北)
5〜9月ころ・・鮫・ウミガメ廻遊地・トビウオの産卵場所
通年・・・・・海鵜の生息地
通年・・・・・漁師・カモメ・海鵜達の漁場・磯つりのポイント

海洋植物と生き物
若芽・カジメや絶滅危惧種等、海中林の宝庫、
サザエ・ウニ・黒鯛・スズキ・メバル・等が手に取るような所に生息、

先住者?達
二羽のアオサギ・翼を広げると約2m(夕方に帰ってきます)
コウモリ(5〜11月・夜に活動)
イタチ・テン・狸(約30m隣の洞窟から来た侵入者たち)

*この地は世界農業遺産認定の基にもなった場所で、動植物の楽園でもあり、今月の連休ごろ能登半島最先端のこの地から、数千羽の渡り鳥がシベリアに向かって飛び立って行きました。

ファイル 151-2.jpg

ファイル 151-4.jpg

この場所はおよそ500万年前、海底から隆起し神が宿る聖地となりそして現代、太古の風が優しく漂う神秘の入江となりました。

ファイル 151-3.jpg

この重機の右側から地下トンネルの掘削を開始します。
国定公園の為自然環境には充分に配慮し、慎重かつ安全に進めてまいりたいと思います。

地下トンネルのサイズ
長さ約23m、高さ3,6m、幅約3,5m

洞窟内設備、
船着き場設置、洞窟内の小さな滝、各所のライトアップ、椅子、テーブル等

*トンネルの掘削は順調に進んでますが、工事は慎重に自然観環境に配慮しつつ行って参りますので、完成は10月か11月頃の予定となります、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

聖域の岬が憧れの、永井豪さんのアニメに登場しました

こんな嬉しい事は有りません。
本日の新聞で日本のアニメを世界的に確立された、永井豪さんのアニメ観光ガイド君シリーズ「ザ・ガイドマン」に聖域の岬が登場しました。

原作、キャラクターデザイン  永井 豪
脚本             永井泰子
構成、下描き         田中成治
ペン             星 和弥
背景、着色          蛭田未来雄

永井豪さんのアニメ人気度 
「マジンガーZ」がスペインのテレビ視聴率80%
「UFOロボ・グレンダイザー」に至っては、テレビ視聴率100%を記録したとの逸話もある世界アニメの神とも謳われている偉大な人物です。

聖域の岬部分を抜粋致しました、是非ともご覧下さいませ。

ファイル 150-1.jpg

「能登半島最先端」・「聖域の岬」・「日本三大パワースポット」が明確に表現されています。
ファイル 150-2.jpg

一回触れると10年長生きすると言われる「大藤大蛇」
天然の水素イオンが含まれている、世界一の健康な水と言われる「百年水」。

ファイル 150-3.jpg

干潮時にしか姿を現さない神秘のパワーホール、現在は舟でしか行けません。

ファイル 150-4.jpg

春坊か、いいですねえ個人的にはやはり男の子を一人は欲しかったです、
ちなみに長女の名前は「春歌」です、数々のご配慮のほど痛み入ります。

ファイル 150-5.jpg

一部抜粋の為ここには記せませんでしたが、日本一の椿の原生林の事や日本海側最大の海中林(海藻)のお話など細部に渡り的確にかつ期待感あふれる構成に仕上げて有り、
また、脚本、構成の方々の熟練の業がさりげなく表現されてとても好感を抱く内容でした。
新聞社をはじめ永井様、関係各位の方々に重ねて厚く御礼申し上げます。

本当に有難うございました。

漫画家 永井豪さんプロフィール等
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%BA%95%E8%B1%AA

永井豪、聖域の岬、能登、ランプの宿

能登最先端 聖域の岬は「奇跡の海溝 幸運の女神に近い岬」として今後アピールする計画です。

能登最先端 聖域の岬は奇跡の海溝 幸運の女神に近い岬。

奇跡の海溝「幸運の女神」の耳元にあたる聖域の岬は、自分の想いを囁くだけで、願うが叶う特別な岬です。

ファイル 149-1.jpg

大変に申し上げにくい事ですが来年度より、環境保全保護優先の観点から、奇跡の海溝 聖域の岬の入場者制限を実施する計画で、自然保護地区並みの年間30万人程度とする事で、自然環境保護センターの環境委員会で検討中です、実施の際には何卒宜しくお願いいたします。

石川県観光推進室2010年度の 観光客入り込み参考数値

石川県観光客入り込み数・・2150万人(増加傾向)
能登半島観光客入り込み数・680万人 (増加傾向)
聖域の岬入場者数を、今後能登へお越しの観光客数の約22分の1程度、石川県観光客入り込み数の70分の1程度に制限する方向で皆様方にご理解とご協力をお願いする予定です。

奇跡の海溝、幸運の女神・能登最先端 聖域の岬

地球本体が描く、奇跡の世界三大フェイスジオアートと惑星本体が描く、太陽系三大フェスアート

「人的アートを超越した神のアート」、それが私の世界三大ジオアートの定義です。

発見から創造〜仮説〜新たな概念〜立件立証〜グーグルアース登録認定までのストーリー

私達の母なる地球は今から約46億年前、微惑星に岩石や金属などがぶつかり合い誕生したと考えられています、そして数億年間のマントル対流の軌道を通して、まるで地球本体が私達人類に、メッセージを伝えるかのように「人類の顔」をして現代に出現しました、
果たして三者三様の地球本体のメッセンジャー達は今の人類に何を伝えたいのか、また何を教えたいのか、そしてその真意を清く正しく私達が理解し受け取ることが出来るのか、未来の人類存亡を示唆する重要なメッセージの様なフェイス ジオアートであると私は考えます。

奇跡の世界三大フェスジオアート(ジオはギリシャ語で地球・大地を意味する)

ファイル 148-1.jpg
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=205260805906322074843.0004db9e9e2327e90f292&msa=0&ll=37.605528,137.559814&spn=1.4339,1.809998

地球本体が描く、聖域の岬沖に眠る、奇跡の海溝「幸運の女神」

由来・伝説は先月のブログにて解説。

ファイル 148-2.jpg
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&z=17&ll=50.010538,-110.114585&spn=0.004895,0.009978&t=h&om=1

インディアンの様にも見えるカナダの「バッドランド・ガーディアン」

ファイル 148-3.jpg
http://maps.google.com/maps?ll=-16.342163,-71.955986&spn=.120678,.126386&t=k&z=13&hl=ja

皆さんのご先祖様にも見えませんか?、
嵐に現れ嵐に消える幻のメッセンジャー、ペルーの「人画大地」

まさに眠れる幸運の女神は「太陽系三大フェイスアート」と言えます。

ファイル 148-4.jpg
生命体痕跡の証とも伝えられている、火星の人面岩「メサイア」

ファイル 148-5.jpg
地球が恋しい45億年の想い、月の人面岩

地球本体が描く、奇跡の世界三大フェイスジオアート「幸運の女神」

石川県庁のホームページでランプの宿が人気アクセスランキング上位に

ファイル 147-1.jpg

石川県庁HP「旅ネット」内 約2700件中

総合人気ランキング・・・5位
1位千里浜なぎさドライブウエイ    16位白山スーパー林道
2位兼六園              19位石川動物園
3位白米の千枚田           24位湯涌温泉
9位能登島ガラス美術館        27位ひがし茶屋街
12位輪島朝市            30位石川県観光物産館

観光スポットランキング・5位

宿泊人気ランキング・・・1位

あくまで石川県庁のホームページ上の順位ですが、皆様方のおかげと感謝致しております、今後とも初心に帰り寄り一層皆様方のご期待に添えるように、スタッフ一同努力を致す所存です。

http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data/rank/top

珠洲沖(聖域の岬)に絶滅危惧種の国内最大生育地

ファイル 146-2.jpg

写真左上がランプの宿です、
能登半島の海の透明度が高い理由
高い山がなく、大きな河もない為、南の島並に海はきれいです。

ファイル 146-1.jpg

この他にも藻場の生息率は日本一で、様々な海洋植物の宝庫です。

ランプの宿に降りる坂道に名前を付けましたが、日本一長い名前の坂道になりました。

日本一長い名前の坂道

短縮名「夢観坂」ゆめみざか
ファイル 145-1.jpg

正式名称

「もしかしてこの坂道を下ったら、運が付き いつか必ず宝くじが当たるかも知れない、いやそれどころか金運・開運・勝運・商売運・仕事運・健康運・安産運・子宝運・無病運・学業運・受験運・合格運・縁結び・更には若返り・招福・厄除け・家内安全・必勝運・名声運までまとわり付き、更に更にもしかしてこの坂道を登ったら、徳が付き 刀禰四郎右衛門の様に七人分の強運な人間に成るか、この地に住んでいた天竺から来た法道仙人のように、いつか必ず空を飛べる人間に成り得るかも知れない、と新たな希望が身につく 夢観坂」。

どんな名前にしょうかなと真剣に、ここに書き込みをしながら考えていたらいつの間にか、日本一長い名前の坂道になりました、どうぞお見知りおきを。
まあでも一応念のため、覚えられない方のための手引きです。

中短縮名

「もしかしてこの坂道は夢観坂」 

短縮正式名称

「夢観坂」

*刀禰四郎右衛門とは、14代前、廻船問屋を営んでいたご先祖の名前です。
*法道仙人とは、紀元前聖域の岬に住んでいたと言われる伝説の空飛ぶ仙人の名前です。

ランプの宿に続く日本一長い名前の坂道

能登半島沖の海溝に、幸運の女神「Lady Luck」と愛称を付けました。

幸運の女神「Lady Luck」命名の由来

天正元年(西暦1573年)刀禰四郎右衛門が北前船(貿易船)で北海道へ向かう際、強風と高波に遭い、帆柱と舵を失って三日三晩漂流中、突如女の神様が海から現れ大きな息を5回吹きかけると、たちまち自分の居た港に入り船員達もかすり傷一つなしに助かったと伝えられている、そしてこの様なことが3回も起こったが全て朝靄の中から女の神様が海から現れ5回息を吹きかけられ港に入れて助かったと言われている。

また似たような伝説が能登の蛸島にも「早船狂言」として今も伝えられている。

更に近年この海域を往来する魚群探知機を完備した船舶の船員さんや船長からは、「能登の沖には守り神が住んでいる」との話は聞いては居ました、数年前グーグルアースで海底の地形を発見し、まさにその伝説が本当の事で有ったと確認でき、驚きと感激を隠せません、

私は今回の発見を先祖が体験した奇跡を基に、世界中の人々にもこの奇跡が授かるように広くこの地を開放したくこの計画を実行して行くます、

とかくこの聖域の岬は不思議な伝説が多く下記のブログにも書きましたが、
1・紀元前の伝説
天へ登る(能登の語源)事が出来る天竺から来た仙人が住んでいた。

2・天正時代(約450年前)の伝説
この地へ来ることで望む気力が備わり、七人の人間に成り得た。

3・明治後期(約130年前)
この時代のお水が未だに腐らずに飲める(能登北部保健所分析確認済み)

等々

ファイル 144-1.jpg

全世界から「救世の地」として、また「心のよりどころの地」として聖域の岬にお越しになっていただきたく計画致しております。

早ければ約2ヶ月後にGooale Earth の能登沖に愛称名と写真が添付され、世界に配信される予定です。

ファイル 144-3.jpg

海底に眠る幸運の女神「Lady Luck」に一番近い聖域の岬と、空中展望台とランプの宿。

ファイル 144-4.jpg

能登の里山里海が世界農業遺産に認定され、世界の海洋研究家、海洋科学、海洋生物家たちに一躍注目を集めています。
特徴
1・世界的に注目度の高い(太平洋沿岸には無し)ツルアラメ。スゼアマモ、ホンダワラ類など藻場の環境保全度が極めて高い。

2・能登の沿岸には多様な「海中林」「海中の森」が広域的に棲息する。

3・伊勢湾、瀬戸内海など日本全土ですでに絶滅したとも伝えられてるホソエガサ、カサイリ科、海草類が今尚奇跡的に生息している。

4・日本最大の暖流寒流の特殊合流海域ゾーンのため、日本最多の315種の海草類が生息。

5・現存藻場の分布率が能登半島が14,761ha(7.3%)で日本一。

本日は「幸運の女神」愛称発表と言うことで、関連して海洋植物のご案内でしたが、

陸域の植物もハワイから樺太までの寒帯亜熱帯の植物分布率は日本一。

野鳥の渡り鳥飛来種に至っては356種のダントツの世界一。

世界一幸運の女神「Lady Luck」に近い聖域の岬(sanctuary cape).

ファイル 144-5.jpg

世界一「幸運の女神」に一番近い、能登半島最先端聖域の岬より。

参考文献:「日本列島の地殻」金沢大学理学部教授 絈野義夫氏
ファイル 144-2.pdf

参考ブログ:「世界三大聖域」 2009年12月28日

japan Food tourism 日本のフードツーリズムに向けてと日本三大金運ねこ

世界中の人が、本格的にお寿司や懐石料理など日本の食文化に関心を持ち始め、今日では様々な国から、お食事をメインに日本を訪れると言う方々が増えられました。

ランプの宿でもヨーロッパ・オーストラリア・アメリカなど海外からのお客様も急増し、能登エリアにおいて海外の宿泊人数は3番目に多い宿となっています。(1位加賀屋・2位高州園・3位ランプの宿、石川県庁調査)
今後も日本の伝統文化を、おもてなしの心で表現し、
450年間の歴史の中、秘湯、温泉旅館、を経て新たな日本旅館の幕開けと成りつつあります。

ファイル 143-1.jpg

ファイル 143-2.jpg

チョット一言
これが噂の「日本三大金運ねこ」ちゃん。
能登の土で作った珠洲焼(すずやき)アートの金運ねことして、お土産に大人気です。

特に、海外のお金持ち、富裕層の方々が日本三大金運ねこと称され、大量に購入なされます。まあ日本古来から伝統的に、どこの家庭にも金運や大きな福を招くとして1つや2つは有りますが、遂に全世界にこの猫ちゃんが飛び火しています。

ランプの宿の売店にも「日本三大金運ねこ」と販売してますが、ほとんど売り切れ状態です。ゴメンナサイ。

japan,food tourismと日本三大金運ねこ

ギャンブリング*ゲーミング学会 第10回学術大会・総会

第一回日本カジノサミットを能登で開催してから10年、
ギャンブリング ゲーミング学会学術大会も10年。
30兆円産業と期待されてる IR法案提出はいよいよ今年度中か。

ファイル 142-1.jpg

ファイル 142-2.jpg 

写真左上・日本の外貨獲得の救世主、大阪商業大学 谷岡学長。
写真右上・人類最強の爬虫類?でなく霊長類でしたっけ?、吉田沙保里選手。
写真左下・夢の構築エンジニア、現オリンピック招致委員の溝畑宏。
写真左下・パイオニア精神の日本維新の会、国対委員長の小沢衆議院議員。

ファイル 142-3.jpg

全国カジノ誘致協議会の副会長として、アッと言う間に10年経過しました。