記事一覧

ランプの宿の、目前で繰り広げられる、渡り鳥の「幻の最終飛行訓練」

ファイル 13-1.jpg
この写真、野鳥愛好家のあいだでも、なかなか撮影が困難と言われている、「幻の飛行訓練中」の光景です。
何故、撮影困難かと言うと、この飛行訓練が行われる場所が、ごく限られ、
1 シベリアに一番近い、宿のすぐ横の敷地周辺(半径約500m)に集結する。
2 訓練範囲が、周囲3〜4km以内の、岸辺のみにて訓練。(その為、この
光景が見られるのは、能登半島の最先端に生活している、200人位のごく
一部の漁師の人くらいしか、知らない)
3 練習期間が短く、普通のリーダーで5〜6日、統率力のあるリーダーなら
3日位で、飛来して行く。
以上の観点から、「幻の飛行訓練」とも呼ばれている。
ファイル 13-2.jpg
ヒヨドリの群(約250羽)の、リーダー (写真、右上)撮影に成功。
使用レンズ (Nikonレンズ 300m 2,8)

今年の練習期間は、約5日間、この日の練習内容は、急上昇、急降下、ジグザグ飛行、低空飛行と最終仕上げの強化訓練で、気迫ある、統率力の取れた訓練で、とても見事でした。
この撮影した次の日には、遠くシベリアに向かったのか、もうその姿は、見れませんでした、一羽でも脱落することなく、目的地まで無事、飛んでほしいと願うものです。
ファイル 13-3.jpg
貸切露天風呂の上を通過中の、渡り鳥の群。
渡り鳥情報
能登半島の沖にある、へぐら島には、世界最高の渡り鳥の種類(332種類)が訪れ、世界中から、野鳥の会の方々などが、調査、研究、観光などに訪れています。
ここ、ランプの宿がある金剛崎は、能登半島の最先端にあるため、4月〜11月位の季節には、毎日、約30万羽〜35万羽くらいの、海鳥やカモメたちが、魚の群を追って、移動する様を見ることができます。

また古来より、この地域は、暖流と寒流が交わる、日本でも特殊な気候風土として知られ、海藻の分布率、陸上では、植物の分布率が、共に日本一多く、世界的にも、注目されている。

絶景・ランプの宿 カニ料理コース

ファイル 14-1.jpg

ランプの宿では、日本有数の魚介類の宝庫と言われる、大和礁で捕れた、大きなズワイガニを、丸ごと釜湯でし、そのままお客様の食前に運びます。

おいしさの理由
1 カニのサイズが大きく、形の良いのを選ぶ。
2 カニ味噌。カニの実入りがぎっしり詰まっている物を選ぶ。
3 カニの旨味を引き出す為、きれいな海水・天然水・天然塩で、ボイルする。
4 丸ごと湯で上げ、一気に氷で旨味を閉じこめる。
5 酢にもこだわり、旨味を引き出す、ズワイガニの為の、カニ酢を使用。
ファイル 14-2.jpg
06年にオール電化にした、明るく、清潔で、機能的な厨房。

料理長、五十嵐 悟(以下三人)による、ズワイガニの姿盛り。

ランプの宿の食前には、このカニが、解禁中の3月中旬位まで、冬期間限定で、全員召し上がる事ができます。
尚、追加注文の際には、1パイ 5000円〜8000円
活きカニのお刺身は、 1パイ 10000円〜12000円 (要予約)です。
ファイル 14-3.jpg
能登沖、大和礁の カニです、水深 約400m~500m 籠、底引き期間限定漁。

お泊まりの皆様へのお願い、日本海が長期に渡り、大しけになった場合、
カニの水揚げが、止まる場合が有りますので、何卒ご容赦下さいませ、
このカニも年々、高くなって来ました、
能登の大和ガニの、一パイ付けはいつまで付けられるのだろうか?

ランプの宿、本日の活動報告(取材)

昨日は、中小、中堅企業経営者の経営戦略誌、THE EAGLE の取材がありました。
内容は、ランプの宿に関する社長としての、経営理念や将来的、戦略、構想、価値観等についてのインタビューで、取材にお越しに成られた方のリードがよかったので、つい調子に乗って、話し込んでしまい、申し訳有りませんでした、本当に有り難う御座います。

さて私はこれから、次年度 国際ロータリー・第2610地区 ガバナー補佐、予定者会議に出席し、
夜には、ランプの宿で、テレビ局のロケがあり、撮影に参加致します、詳しい放映日が分かりましたら、お知らせ致したいと思います。

  • -追記--
  • 朝です、放送日と番組名が分かりました。
    放送日はなんと、明日(12月9日)AM 6時〜8時までの番組「めざまし どようび」の中で、7:35分頃より、VTRで放映される予定です。
    コーナー名は「トレンドココ調・クリスマスSP」で「クリスマスまでにあなたが用意したいものは?」と言うテーマだそうです。

    取材のスタッフの方々は、これから東京までお帰りに成られて、明日まで編集作業をなさる様で、本当にお世話さまです、ありがとうございました。
    尚、明日の出演はチョビットだけ、女将が出るかも?

ランプの宿、日本のカジノ合法化に向けて

本日は,衆議院第二議員会館第一会議室で「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」会長、鳩山邦夫、他(衆議院、参議院あわせて129名)の総会にお招きにあずかり、私は全国カジノ誘致団体協議会の副会長として、また能登にラスベガス創る研究会の会長として、出席させていただきました。
私事ですが、日本のカジノ合法化に向けた国家的新プロジェクトへの参画に携わって,もう七年となり、この間、第一回日本カジノサミット、民間で日本初のカジノ合法化に向けたカジノ体験イベント、また各国の政治、経済界、の計らいによる多角的見地から海外のカジノ産業の調査研究視察等の勉強会を行ってまいりました。
今後も引き続き,日本のカジノ合法化に向けた活動を微力ながら行ってまいりたいと思います。

また今月16日からは、カジノ経済学術調査団の一員として,国会議員の方々と共に、近年ラスベガスを抜いて世界一のカジノマーケットと成る、マカオのカジノ経営モデルの調査研究に同行する予定です。
今回の学術調査団の特質すべきは、カジノ法案設立に向け日本の国会議員の方々が初めて海外研修の視察を試みることで、その調査結果が注目される所です。
私の今回の視察研修の主な目的は、マカオのカジノ博物館の研究です、これまで、ラスベガスをはじめ,各国有数の、カジノ博物館の存在意義や、経営面からの博物館経済学などを学ばせて頂き、そこで得た結論のひとつとして、

昨年「日本カジノ博物館」と言う商標登録をさせていただきました、その使命は、いずれ近い将来(4〜5年位か)カジノが合法化され、日本の歴史、文化、風土が醸し出す,独自のエンターテイメント性豊かなカジノが、各地にできた時、必然的に、日本のカジノ文化の提唱と歴史、またその意義などを、国内外的にアピールする施設が、必要不可欠なものであろうと結論付け、登録致しました。
むろん能登にカジノの許認可が戴ければ、「日本カジノ博物館」は能登の地で建設致したいと考えています。
まあいつの日のことやら・・・・・・・

ランプの宿、カジノ議連の総会に出席して来ました

ファイル 17-1.jpg//DSCF2180.jpg
国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟会長 鳩山邦夫氏のご挨拶、自民党観光特別委員会における議論の経過説明などを熱く語られた。
ファイル 17-2.jpg//DSCF2182.jpg
公演 大阪商業大学学長 谷岡一郎先生
演題は「カジノの社会的コスト」 カジノ合法化に対する5つの疑問点
1 カジノが合法化されると、暴力団などの闇組織の資金源になるのではないか?
2 カジノが合法化されると、健全な勤労の精神が犯され、街の風紀が乱れ、犯罪が増加するのではないか?
3 ギャンブルはそもそも、青少年の健全育成に悪影響があるのではないか?
4 ギャンブル依存症が増え、家庭崩壊で家族が犠牲になるのではないか?
5 他に使うお金が、カジノで消費されるだけで、経済効果はそれほど大きくないのではないか?
今回のご公演では、一般的に誰でも感じる疑問点等を、諸外国の例に照らし会わせて、分かりやすく分析し、世界約130ヶ国の合法化された国々が、いかにそれらをクリアしているのかを、具体的に説明なされた。

ファイル 17-3.jpg//DSCF2183.jpg
石川県からは、衆議院議員の北村茂男議員がご出席なされ、日本の新たな観光振興策に付いての、ご公演を真剣な眼差しで聞き入っておられました。

絶景・ランプの宿 月夜の露天風呂付き客室(月あかり7) 「Japan best Onsen Ryokan」

ファイル 18-1.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」

ムーンセラピーにピッタリな、ランプの宿4番目の、お部屋付き露天風呂が完成です。
このお部屋の特長は、荒磯の波打ち際、ギリギリまで出したテラスの先に、小さな望楼空間(展望台)を設け、ゆったりと心ゆくまで、能登の美景を眺めていただきたく設計致しました。
この位置から、3月〜11月までは雄大な海からの朝日が望め、また月の出も月々によっては望めます。
この日の撮影状況は、日本海が眠っているような静かな夜で、とても幻想的な満月が撮れました。
スーパーコピー時計ブランド専門店
プラダトートバッグスーパーコピー
スーパーコピー靴N級品
ルイヴィトン財布スーパーコピー

ステラマッカートニーバッグスーパーコピー
グッチ靴スーパーコピー
ルブタン 財布 コピー

japan best onsen ryokan

絶景・ランプの宿 露天風呂付き客室 「Japan Onsen Ryokan」

ファイル 19-1.jpg

「Japan Onsen Ryokan」

ランプの宿、絶景お部屋付き露天風呂「月あかり 3号室」です。
「水平線まで私のお庭」をコンセプトに設計されたこの部屋、特長としては、6畳間のロフト空間が併設され、電動階段で昇ると言うプラスαの楽しさ付きです、また日本海に面した露天風呂とテラスは、まるで海上に居るかのような迫力で、24時間、お風呂と絶景が眺められます。

ところで皆様、水平線からゆっくり昇る幽玄の」「赤い月」見たことありますか、この日のお月様は、まさにその光景でした、しかし感動のあまり写真撮るの、ついうっかりして、忘れてしまい失敗してしまいました、また次回に気合いを入れて頑張ります。

絶景ランプの宿 ・プライベートビーチ 「Japan Onsen Ryokan」

ファイル 20-1.jpg

「Japan Onsen Ryokan」

玄関より、離れ、貸切露天風呂、プール、エステルームを望む。
今日は満月がとても奇麗なのと、少し暇だったので9箇所の撮影をしました、
まあしかし、いざ撮り出すと何故か焦ってしまい、損な性格丸出しの写真になってしまいました、もっと落ち着いて確実に撮らないと思うのですが・・・・・
エ〜ト何でしたっけ、あっ そうそうお月様の見れる日ですが、満月の日は確かに1日ですが、前後会わせると10日位はお月様は見れますよ、
失礼致しました、そのくらいのこと誰でも知ってますよね、
気が向いたら、トップページに満月カレンダーを張り付けて見ようかな?

絶景・ランプの宿 月夜の露天風呂 「Japan Onsen Ryokan」

ファイル 21-1.jpg

「japan Onsen Ryokan」

やわらかな月光に包まれて入る、ランプの宿の「小さな入り江の露天風呂」よしが浦海岸の中央に位置するこの露天風呂は、日本海が大荒れになると、波しぶきか入ってくる大迫力の露天風呂です、また12月〜3月頃には、冬の風物詩とも成っている、波の花(洗濯石鹸の泡の様なもの)が、手の届く位置で体験でき、200t〜300tの波の花が、シベリアからの強風に煽られて、一斉に舞い上がるそのさまは、まるで地球の超常現象とも言えます。
先日もあるご夫婦が、ライトアップされた、幽玄の波の花に魅入られ、「うちの主人が1時間30分経ってもまだお風呂から上がって来ません、心配になりました、生きているかどうか見てきてもらえませんか」と、捜索願いが出された程凄い現象になります。
超スーパーコピー時計
ロレックス スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
ルイヴィトン スーパーコピー
バレンシアガ スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
オメガ スーパーコピー
実は私、その波の花の、超常現象を写真に撮りたいのは やまやまなのですが、水中カメラではうまくいかず、普通の状態でそれらを撮ろうとするとカメラに塩が付着し、レンズもカメラ本体もダメに成りそうなので、そこまでして撮る根性が有りません。
もう少し人間的に成長したらチャレンジしてみたいと思います。
尚、「波の花」はひと冬に12〜15回程度見ることができ、このブログの少し前の方に、恐る恐る撮った波の花の写真が3枚付けてあります、よければご笑覧下さい。

絶景・ランプの宿 離れ 波の離宮 「Japan Onsen Ryokan」

ファイル 22-1.jpg

「Japan Onsen Ryokan」

貸切風呂の2階展望台から見た離れ、絶景「波の離宮」4棟の全景です。
この離れは、能登半島の沿岸に、古くから伝わる舟屋形式の建築を参考に、(実際は、1階の場所には船を入れ、2階の部屋が住まいとなる)客室用に改善設計 致しました。
特長としては、バリ島などに良くある、浮上型庭園プールを、お部屋の前に設置したことにより、水面との高さ2.5mのものが0mとなって感じられ、お部屋から海を望むと、まるで海がそのままお部屋の前まで続いて居る用に感じられます。
また、夜には海岸と、プールの中もライトアップがなされ、夏にはそのままお部屋からプールに飛び込める、ローカル色豊かな、漁村のリゾートを自由に体験できます。
個人的には、20何年前より、タヒチ等の水上コテージが大好きで、よく行きます、いつの間にか主体性のない私は、その影響を受け、今の形に成った可能性は多々あると思います、ただ現在、日本の建築法ではタヒチのような、水上コテージが建てられないのが残念です、しかし環境を工夫をする事により、日本にも水上コテージ建設が夢ではないと確信しています。
将来、ツリーハウス、水上コテージ、洞窟のお部屋等を造りたいと思っており、
ただ今敷地の選定と構想を検討中です、ここよりもよりも良い場所が見つかり次第、ブログでお知らせしたいと思っています。