記事一覧

発見!これが世界一高価な世界最高級ブランド・幻の黄金ズワイガニです・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

これぞ世界一高価な世界最高級ブランド・一生忘れられない「幻の黄金ズワイガニ」

海洋国日本の食文化が誇る最高級「幻の黄金ズワイガニ」を世界ブランドに。

世界一高価な「幻の黄金ズワイガニ」とは
ランプの宿が自信を持っておすすめする、世界の食用ガニの頂点に立つカニです、
昨年は200名余りのご予約に対して77名の方がその幸運に恵まれました。

最近では「富裕層」、スーパーリッチかリアルリッチの方々の食材に成りつつありますが、総体的な感想は「一生忘れられない味」とのご意見です。

さて能登で水揚げされる貴重な最高級ブランド「幻の黄金ガニ」とは

1・「世界の食用カニの頂点」とも言われるが、殆どの人はその存在すら知らない。

2・ズワイガニのオスと紅ズワイガニのメスとの間に生まれた「貴重な混血カニ」。

3・このサイズの物は、例年は2万〜3万バイに1パイ位しか取れない、また水揚げされてもほとんど市場に出荷されない為、食した人も殆どいない。

ファイル 69-1.jpg

(写真は11月撮影)

これが正真正銘、世界一高価な最高級ブランド「幻の黄金ズワイガニ」です。
今回この大きさは久ぶりの対面です。

体長・・・・・・足を伸ばして120cm
推定年齢・・約8年
水深・・・・・・1000m
捕獲割合・・約3万分の1(今年度)
成長速度・・ズワイガニより速く、紅ズワイより遅い

ファイル 69-2.jpg

日本海の海の宝庫、大和礁にて水揚げされた幻の黄金ガニ、
これだけ大きいキングサイズが一度に4ハイも水揚げされたのは、とても珍しいとの事でした。
(能登半島・大和礁ではこのカニは、とても捕れにくい)

ファイル 69-3.jpg

写真上が、普通サイズのズワイガニで、下がそのカニです、
違いの程はご覧の通りで、幻とされるズワイは最初から色が紅く、甲羅の形も違います、また足も長く厚みが有ります、
まるで本ズワイが、子供の様に見えます。

最高級ブランド・「幻の黄金ズワイガニ」希少性ランキング

1位・能登・幻の黄金ガニ(ズワイガニ漁の底引き)キングサイズは20000分の1
2位・能登・黄金ガニ(紅ズワイのカニ籠漁)4000分の1
3位・山陰・黄金松葉ガニ(紅ズワイのカニ籠漁)2000分の1

世界一高価な世界最高級ブランド「幻の」と言われる由縁は

1・同じ黄金ガニの中でもこのカニは、ズワイガニ海域で生息し、希少性が高い
2・300mの水域・2℃前後で、紅ズワイより常に新鮮な栄養を補給でき、快適環境にある
3・ズワイガニ漁でしか採れないため、冬季限定となる
4・味は濃厚で身がギッシリ詰まり、カニ味噌がタップリ詰まっている
5・理想の旨味(ズワイと紅ズワイをプラスした味)と良質な栄養バランス

ファイル 69-4.jpg

茹であがり直後の最高級ブランド、「幻の黄金ズワイガニ」、直径60cmの皿から大きくはみ出す迫力のカニです。

ファイル 69-5.jpg

味の特長
1・生命力が強いので、みずみずしい鮮度が長時間保てる。
2・足の身がりぎっしり詰まって、身が重い。
3・ズワイの旨味に紅ズワイの甘みが加わり、これぞ究極の味。

生態の特長
1・水深200mから1000m以上の広範囲水域でも生息可能。
2・二種類のDNAを受け継ぎ、二種類のカニのプランクトンを食べれる。
3・屈強な甲羅と驚異的な生命力を持ち、極めて希少性が高い。

「幻の黄金ズワイガニ」の命名までの由来について
個人的見解ですが、最初に「黄金のズワイガニ」と命名したのは多分私ではないかと思います、その理由を申し述べますと、

1・今から20年くらい前、学術的なカニの名前を知りたかったが、海洋図鑑での正式名称、愛称も見あたりませんでした。

2・私が十数年前、全国放送のTV番組、(麻木久仁子さんのレポーター)で、放送した際、幻の黄金のカニと命名し、
その時のタイトルが「幻の黄金ズワイガニを求めて」で放送した。

3・放送後、全国から黄金のカニの問い合わせが殺到し名前が定着した、
現在蟹漁の漁師の方も黄金ガニと呼び、石川県・能登島水族館の方々も、「愛称は黄金ガニとも呼ばれています」と説明されています。

4・もしそのカニだけを捕ろうとすると経費が、一パイ475万円掛かるとの希少性もアピールし、大変視聴率を集めた番組でした。

今新しく命名すると、ハイブリッド・「レア・ゴールデンクラブ」とでも呼ぶのだろうか?

幻の黄金ガニ・・・・・・   (商標登録済み)
黄金ガニ.com・・・・・・・・・・・・・・(登録済み)
加能ガニ.com・・・・・・・・・・・・・・(登録済み)

(写真11月撮影)

海洋国日本の食文化が誇る、世界一高価な最高級ブランド「幻の黄金ズワイガニ」を世界ブランドとして情報発信し、日本のカニを世界的にアピールしたいと考えて居ます。

石川県能登 温泉旅館・ランプの宿「秋の料理」試食の義

ファイル 66-1.jpg

輪島塗の三方に乗る「試食箸」

幾田哲夫作、二百年を経て甦った、「煤竹箸」

すすだけ箸とは、茅葺き屋根の囲炉裏の天井に使用している、煤の付いた堅い竹の事で、
お箸に出来るのは、節と節の長いごく一部の物になり、更によく締まった肉厚のある竹でなくてはなりませんので、百本に一本取れるかどうかの夢のような煤竹です、

幾田先生の作品はこの煤竹を、25〜30年程乾燥した冷暗所に保管し、製品化した物で、
ランプの宿ではこの貴重な煤竹を、大切なお客様の季節の変わり目の料理を定める
試食の義で使用する「試食箸」として採用致しております。

ファイル 66-2.jpg

「試食の義」

1・昔ながらの自然塩で身を清める

2・神棚に御神酒をお供えする

3・御神酒を戴き、口を濯ぐ

4・ご先祖の御前より「お箸」を戴く

5・「八百万の神」に感謝し、素材を尊ぶ

ファイル 66-3.jpg

ランプの宿では、料理が変わる春夏秋冬の年4回、宿の主人自らお客様にご提供する、お品を一品一品吟味し、試食をする習わしと成っています、

この日も、料理長(五十嵐悟)の他、お客様からのご意見やアドバイス、感想などを参向とし、女将、若女将、第三者等を交え、「旅人が求める食の本質とは何か」を話し合い、
魅力あふれる秋のコース料理の献立を造り上げました、

石川県の温泉旅館に携わる一員として、今日まで受け継いだ、伝統文化を守りつつ、私を始めスタッフ一同一丸となって、心のこもったおもてなしができるよう、努力致したいと思います、何卒宜しくお願い申し上げます。

「口コミ」で急増する海外の宿泊者「 Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」秘湯・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉ランプの宿

「Japan best Onsen Ryokan」
「秘湯」石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

これまで、海外の方のお泊まりは、少しずつ増えては来てましたが、今年に入ってから一段と多く成りました、
データーで見ますと、5月現在で、昨年一年間の海外宿泊者総数の10倍近くの方々がすでにお泊まりです、また此の後のご予約状況を見ても増加の一途をたどっています、
余りに不思議なので、直接海外からのお客様に、「どうしてお知りに成られたか」とお聞きしたところ、下記のお答えが帰ってきました、

1位・知人・友人の紹介(約50%)

2位・お泊まりに成られた方が作成されたブログ(25%)

3位・海外でのTV放送、雑誌、ガイドブック(約15%)

4位・日本の宿(ランプの宿)研修視察(5%)

5位・その他、ホテル、旅館からの紹介等(5%)

今日まで、ランプの宿では海外の宿泊者と言うと、各国の大使館、領事館の関係者や、日本在住の教授や医師の方々が多かったのですが、近年は海外からの様々な研修視察、また個人情報なので公表は出来ませんが、著名人、同業者、資産家、カップル、ご家族ずれ。取材等幅広い層の方々がお越しに成っています。

ファイル 65-1.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

お食事の広間に展示してある「甲冑」
私達日本人がこれまで気にも止めなかった番傘、扇子、浴衣、下駄、瓦と板張りの建築、布団や和ローソクに至まで魅力的に感じられるようで、海外の方をこの前の席にすると、とても感激なされます。

ファイル 65-2.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

「ランプの宿に泊まりたくて」とイギリスからのご家族、
海外の方は基本的に連泊される方が多い様です、 

また、当然と言えば当然な事ですが、近い将来こういう日が訪れると想定し、宿のスタッフ(フロント、接客係、予約係)は英語が殆ど話せる人材を予め採用してましたので、海外の方にも安心して お過ごしいただいています。

ファイル 65-3.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

このグラフでご覧の通り、ヨーロッパ・アメリカ・に続きオーストラリアが多く、かつて日本在住の海外の方が、約90%から18%になりました。

ファイル 65-4.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」

このグラフは、もしこのまま海外の方が増えてきた場合を想定してシュミレーションをしてみました、これは意図的に海外の方々を優先的に予約を受付した場合の特化したグラフです。

ファイル 65-5.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

上と同じ数字を折れ線グラフにしたものです、このままで行くと、1966年頃に地元湯治客と観光客と入れ替わった様に、2025年頃に日本人観光客と海外の方がクロスする可能性が示唆されます、
また今後、地球環境を考慮し、CO2削減、エコツーリズムで先のブログでご案内したとおり、段階的に宿泊総人数を1万人以下にし、よりゆったりお過ごし頂けるよう計画しております、

今後の秘湯・ランプの宿にもご期待下さい。

「秘湯」石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿
japan best onsen ryokan

japan best onsen ryokan 待望のスーパーリッチコースのご案内1、本日よりスーパーリッチコース予約受付開始!!

遂に待望の、「絶景スーパーリッチコース」の予約受付開始となりました。
japan best onsen ryokan

07年7月、全館リニューアルをして以来意外なことに、ちょっと贅沢に過ごせる特別企画が有りませんかと、いわゆる記念日・プレゼント・新婚旅行・接待・ご招待・富裕層・新富裕層等の方々からの強いご要望が多々あり、
特別企画「絶景よしが浦温泉・ランプの宿スーパーリッチコース」を販売開始致しました、

人気のある、絶景の露天風呂付離れの特別室と、本館の特別室を同時に使用するため、お問い合わせのお電話を戴いても、予約成立確率が年間8%前後と大変低く、なかなか予約が取れない可能性も有ると思いますが、何卒宜しくお願いいたします。

よしが浦温泉・ランプの宿特別企画「絶景スパーリッチコース」の内容

ご宿泊料金・お一人様一泊2食付き(税込み)105、150円

宿泊定員、2〜4名

1・本館特別室「絶景露天風呂付客室」と離れ特別室「絶景露天風呂付離れ」の2カ所(30坪)+海際とプールサイドのオープンテラス(15坪)でゆったり贅沢に、絶景の秘湯をお楽しみ頂けます。

2・離れでお泊まり、本館でお食事。(本館でのお泊まりも可能)

3・絶景の貸切露天風呂「波の湯」を朝・夕入浴出来ます。(予約制)

4・能登の一部でしか取れない、「貴重な自然食材」を料理長が厳選します。

5・旅の疲れを癒す、「潤いのエステコース」で心身共にリラックス。

6・一泊で4カ所からの「超絶景が一人占め」できます。

7・幽玄のスーパーリッチ「特別ライトアップ」。

ファイル 63-1.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

離れ専用プールより、写真左がスーパーリッチコースの離れ特別室、「波の離宮5号室」。

・・・・・・・全館リニューアルオープン以来のエピソード・・・・・・・・・

1・飛行機のパイロットの方々からの感想、夜間、空から見るランプの宿は、
 能登の最果てにある「青い宝石」

2・豪華客船・船長の感想、忽然と現れるライトアップされた岸壁は、
 まさに、絶景「奇跡の楽園」

3・能登の漁師・貨物船の船長・地元の住民の方、そろって「竜宮城」

4・海外の方々からよく言われることは、「ジャパン・ベストリゾート」

5・お泊まりの方々によく言われることは「凄い所に建ってる宿」

ファイル 63-2.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

露天風呂付離れ特別室「絶景・波の離宮5号室」より、本館特別室「絶景・月あかり7号室」を望む。 (写真右奥)

ファイル 63-3.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

建物の造りは、日本海沿岸にある漁村の伝統的で貴重な建築様式「舟屋」を再現したもので、通常は1階に舟を入れ2階に生活スペースのある日本海側独特な造りです、

離れ「波の離宮」のお部屋、写真右から2階展望室へと続く
お部屋の戸を開けていただくと、すぐ目の前に絶景な荒磯と、雄大な日本海が飛び込んで来ます。

ファイル 63-4.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado」

本館特別室・露天風呂付客室「絶景・月あかり7号室」、3〜10月頃はお天気がよいと、日本海からの雄大な朝日が望めます
また、このお部屋のオープンテラスの作りは、特別に岩場に迫り出しているため、海が荒れるとテラスの真下まで波が押し寄せ、大迫力の景色になります。

ファイル 63-5.jpg

「Japan best Onsen Ryokan lampnoyado 」

見取り図の黄色い部分が。ランプの宿・絶景スーパーリッチコースご使用ルームとなっています、
北側からと南側(約200m)から望む景色は、全く別の宿に来たかのようで、入り江の中央に位置する貸切露天風呂から望む景観も、超絶景です。

「秘湯」石川県能登・高級温泉旅館(絶景の温泉宿)
絶景・夜景の綺麗な、高級温泉旅館、スーパーリッチコース受付開始

japan best onsen ryokan

japan best onsen ryokan 待望の絶景スーパーリッチコース予約受付開始、日本三大絶景の夜景が綺麗な秘湯・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿スーパーリッチコースのご案内2

ファイル 64-1.jpg

「japan best Onsen Ryokan」
待望の絶景スーパーリッチコース予約受付開始

日本三大絶景夜景が綺麗な秘湯・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)
よしが浦温泉・ランプの宿

青い浮上型庭園プール(約100m)の中央に建つアート建築、絶景・夢の浮遊空間
まるで絵画の世界に入ったような気分になれます、
波打ち際にある、ランプの宿・絶景貸切露天風呂「波の湯」全景です。

ファイル 64-2.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」

絶景の貸切露天風呂「波の湯」脱衣場からの景色です

「夢の様な」「幻の様な」をコンセプトに設計された、大自然と日本建築とリゾート感覚が織りなすアート建築、絶景・夢のプライベート空間。

ファイル 64-3.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」

よしが浦温泉の入り江の真ん中に位置する、貸切露天風呂の2階展望台から望む、自分だけの絶景、能登半島最先端の景色、
天然のマイナスイオンでセラピーする。

ファイル 64-4.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」アートなフードツーリズムへようこそ。

スーパーリッチコースの先付け、「然」の素材と「和の心」が織りなす、

能登の一部でしか取れない、季節の香り漂う貴重な自然食材を、地元の輪島塗や
珠洲(すず)焼き等、作家ものの器でお召し上がって戴く、懐石料理、

ファイル 64-5.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」

潮騒を聞きながら、眠るように旅の疲れを癒せる、ランプの宿・エステルーム、
「ラ、ブルメリア」

潤いのアロマセラピーで、ゆったりとした上質のひとときを、お過ごし下さいませ。

「秘湯」石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)

待望のスーパーリッチコース予約受付開始、日本三大絶景・夜景が綺麗な秘湯
石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

japan best onsen ryokan アートなフードツーリズムへようこそ

日本三大絶景温泉・よしが浦温泉 ランプの宿・「CO2削減計画」と「インド人(India)観光旅行計画」

*将来この岬が、インド(India)最南端のコモリン岬と「姉妹岬」になり、
インド人観光客の目的目標地となる日が来るかも。

インド観光 基礎データー
A・約15年後、世界一の人口国
B・インド人出国者数約1400万人
C・訪日旅行者数約7万人
D・日本人訪問者数約16万人

ファイル 62-1.jpg

絶景世界農業遺産、能登半島国定公園内特別地域・よしが浦温泉・ランプの宿

ファイル 62-2.jpg

これが日本の絶景・石川県能登半島最先端にある特別な場所「聖域の岬」空撮。

この岬は能登の語源(天へ登る=能く登る=能登)となった伝説の地で、
由来は、6世紀ころ天竺(インド India)から来た仙人が住み着き修行をし、
後に空飛ぶ法道仙人として広く日本に知られるようになったゆかりの場所。

私は、世界のインバウンド戦略として、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアは基より、
中期的に、アジア
長期的に、12億人のインド(India)市場経済を見据え、インド(India)人の富裕層が日本に観光旅行に訪れようとする際、このインドにゆかり有る聖域の岬に訪れて頂くよう、インドの最南端コモリン岬とも交流を持ち、今後の展開を図りたいと思います。
*交流名は「姉妹岬」提携 Sisters Cape が有力か。

ファイル 62-3.jpg

聖域の岬・南海岸 遭崎を望む。

ファイル 62-4.jpg

陸から南海岸 遭崎を望む。

ファイル 62-5.jpg

聖域の岬・北の海岸 緑光崎と能登二見を望む。

「Japan best Onsen Ryokan」

エコツーリズム・CO2削減・基本計画
日本三大絶景温泉・石川県能登・高級温泉旅館(秘湯の温泉宿)
よしが浦温泉・ランプの宿

絶景日本の・ホテル・旅館・温泉宿・部門の指針と成る可く「エコツーリズム対策日本一」・「CO2削減日本一」を目指す

エコツーリズム・CO2削減日本一基本理念テーマ 「地球と人類の共存」

このタイトルは今から15年前、エコロジーの先進地、オーストラリアの世界遺産、砂の島フレーザー島を視察研修した際、私の「未来の志」と心に位置づけました、
その訳は、地球温暖化、エコロジー、エコツーリスト、CO2削減等々の重要性と多様な生命体保護の観点からの緊急対策の在り方などのレクチャーを受け感銘し、結論づけました。

しかしその後、加速する地球温暖化や世界人口の増加など、その重要性を個々に認識していながら、何一つ具体的なエコ対策活動をした事もなく、私の大きな課題ともなって居ました。

そこで今回ある事件を期に(小動物が通るけもの道近くに、タヌキの親子が交通事故死していた)そろそろ「15年前の志」を決行すべき時が来たのではと意を決し、どうせ実行するなら、京都議定書に伴い法務省が定める数値目標を遙かにしのぐ貢献を地球にしたいと考え、

エコ対策活動の目標を、日本の温泉・ホテル・旅館部門で、「エコツーリズム対策日本一」・「CO2削減日本一」と位置づけ、
「地球に必要な人類となろう」をテーマに、「よしが浦温泉・ランプの宿・CO2削減計画」を立案する事にしました、

すべては「快適な地球環境と、あらゆる健全な生命体進化と保全の為に」

 ・・・・絶景の秘湯よしが浦温泉・ランプの宿周辺、自然環境の現状報告・・・

写真は06頃、ヘリコプターから撮影したものです、

現状報告その1

「絶景の秘湯・よしが浦温泉・ランプの宿感動ランキング・ベスト10」

1位 絶景・美景・能登半島国定公園内
2位 眺望抜群の露天風呂付離れ・露天風呂付客室
3位 季節感あふれる新鮮な 能登厳選、郷土料理・旬の特別料理
4位 ランプの灯りと幽玄のライトアップ・優雅で神秘的な夜景
5位 大自然豊かな奥能登の秘湯・温泉・一軒宿

6位 これぞ能登の絶景・展望台付き貸切風呂「波の湯」
7位 小さなプライベートリゾート・専用プール
8位 貴重な石川・能登の建築様式・全室抜群の眺望
9位 ランプの宿、宿泊者専用エステルーム「ラ・プルメリア」
10位 明るい能登の人柄と接客・バランスの良いスタッフ構成

「絶景の秘湯・よしが浦温泉・ランプの宿・外国人感動ランキング・ベスト3」

1位 スーパービュー・オーシャンビュー・ナイトビュー

2位 プライベート「リゾート」・「スパ」・「プール」・「エステ」

3位 オリジナルディナー・ヘルシーフード・スペシャルフード


現状報告その2

能登半島最先端・絶景の国定公園第2種エリア
数キロ先まで大型施設や民家なし
ランプの宿敷地面積・約12万坪(写真上ではほんの一部)

日本最高の植物分布率(亜熱帯・寒帯)
日本最高の海洋植物分布率(亜熱帯・寒帯)
暖流と寒流が交わる日本的に極めてまれな特殊エリア

数キロ圏内までイルカや鯨(近年鯨は見ていない)が来る
海の宝庫(漁場のど真ん中)
春から秋には約30万羽の海鳥達が行き交う

世界最多(332種類)の渡り鳥達のバードロード
小動物達の天国(キツネ・タヌキ・テン・うさぎ・キジ・梟等々)
落葉樹・木の実の生る雑木が多いため、海に大量のプランクトンが発生する
農作物・果物・木の実・ワラビやゼンマイ・キノコ等が豊富に採れる
空気が綺麗でオゾンやマイナスイオンが無尽蔵

以上の観点から、絶景なる能登の大自然が手つかずの状態で息づいているこの地を、未来の為に、一つでも実践する事が我々の使命と責任であると考えます。

・・・・絶景の秘湯・ランプの宿、CO2削減計画の概要を明記致します・・・・・

目標はホテル・旅館・温泉「エコツーリズム・co2削減対策・日本一」です

1・ランプの宿、宿泊人員の大幅削減(検討中)
2・小型風力発電の設置(設置完了)
3・太陽光発電の設置 (設置完了)
4・スタッフ車両乗り入れ台数規制(マイクロバス導入で10分の1に)
5・スタッフ車両小型車化導入(検討中・現在軽、5台)

6・スタッフ車両整備の強化 (点検強化)
7・スタッフ車両排ガス軽減(ハイブリッド車・現在3台)
8・車両速度規制(小動物達の為にも案内板検討中)
9・地下水の汲み上げ制限(現在約800年前の地下水・8分の1に完了)
10・焼却炉の撤廃(完全撤廃済み)

11・電気照明機器類の見直し(進行中)
12・全客室ガラスの見直し (進行中)
13・厨房のオール電化 (設置完了)
14・節水対策 (進行中)
15・リサイクル強化 (進行中)

16・ゴミ分別強化 (進行中)
17・急カーブ・急勾配の道路整備(進行中)
18・小動物・小鳥達の餌となる雑木林の植林(検討中)

目標数値は,日本のCO2削減基準の6%を約8倍以上回る、50%以上を目指します、明細は後ほど発表予定。

コメント
現在日本における一般的なCO2削減対策の数値目標達成方法は、現在の利便性や権益を維持しつつ、それらを達成すると言う考え方で、現況の地球環境破壊のペースとは、ほど遠いものではないかと考えます、
今後日本旅館の在り方として、奥能登の自然環境と共存共栄を図るためにも、世界の自然保護地区、入場制限等を参考とし、段階的に宿泊人員を30〜40%程削減する予定です、
ランプの宿、フアン・リピーターの方々には大変に申し訳なく思いますが、何卒豊かな自然環境保全のため、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

エコツーリズム・CO2削減、温泉・旅館
日本三大絶景温泉・石川県能登・温泉旅館(秘湯の温泉宿)
絶景の秘湯・よしが浦温泉・ランプの宿
インド(India)コモリン岬

続・プロが選ぶ旅館百選「小さな宿10選」石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

ファイル 61-1.jpg

「Japan best Onsen Ryokan」
秘湯・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

この度、プロが選ぶ日本の旅館100選の「特別賞」に続き、

All Aboutの続・プロが選ぶ旅館百選「小さな宿10選」にも

ランプの宿が選ばれました。

今日、多様に進化をし続けている激戦の日本旅館の渦中において、この様な

賞を戴くに当たり、誠に光栄に思います、

今後も石川県の温泉旅館の一員として、これらの賞に恥じないよう、

お客様に、お慕いしていただける宿づくりを目指し

スタッフ共々頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。

http://allabout.co.jp/travel/yado/closeup/CU20080210B/

かながわ景観会議

ファイル 60-1.jpg

ファイル 60-2.jpg

ファイル 60-3.jpg

ファイル 60-4.jpg

ファイル 60-5.jpg

横浜赤レンガ倉庫・1号館前にて記念撮影、
とても気持ちの良いところで、特に夜景が綺麗でした。

ランプの宿・刀祢秀一

かながわ景観会議に、ランプの宿・刀祢秀一が出席させていただきます

かながわ景観データベース

ファイル 59-1.jpg

この日は、前日徳島県の第五回カジノサミットのパネラーを追え、早朝徳島より飛行機で羽田入りし、直行する予定にしています、

今回は事例発表と言う形で、海外から学んだランプの宿のマーケティング手法や、
多様に進化する多角的ニーズの先取りと新時代に適合する基本コンセプトの構築、
環境保全、新しい価値観や付加価値を融合した外貨獲得の重要性等をお話し、
「神奈川景観条例」の一助に成ることが出来ればと思い、
参加させていただく予定です、

神奈川県の皆様宜しくお願いします。

ランプの宿・刀祢秀一

ファイル 59-2.jpg