記事一覧

一般社団法人 日本IR(カジノ)協会設立と日本IRガイドライン

ファイル 181-1.jpg

遂に、15年間の悲願でもあった、一般社団法人日本IR協会を東京中央区に開設する。

直近の活動は、日本IR協会のホームページを開設し、日本を代表するIR学識経験者及び有識者の方々によってHP上にオンラインフォーラムを開催すると共に、
協会のアドバイザリーボード(諮問委員会)を任命する選任委員会会議を開く。
また、アドバイザリーボードメンバーはフォーラム参加者から選出、任命する。

日本IR協会設立の目的は、
日本型IRガイドラインを策定し、ともすれば外資系理論に屈指がちな日本のIR関連の官民に対し、450兆円とも言われる日本の大マーケットに10箇所程度のIR誘致と言われる世界でも類を見ない、巨大市場開放に留意し、国益の保全と確保を最優先課題とする旨、日本オリジナルのIRガイドラインを構築立案し、海外のIR投資家に強く要望するもので具体的基本理念としては幾つか次項の要点が挙げられる。

世界カジノ(IR)協会設立。
IR法案成立後、世界各国のカジノ協会又はそれらに準ずる団体と連携強化し、世界人類とカジノ(IR)との次世代に向けた、持続的共存をはかる為の英知を集結させる「世界カジノ(IR)協会」を日本で設立誕生させる。

国際観光デーの立案
国益を左右する、本格的外貨の獲得策として交流人口の拡大を、国民を挙げてお迎えする祝日の設定を政府に働きかけ、IRを含む日本観光の国際的認知度を確立する、

1.海外IR投資家に向けた、IRプラットホーム開設の支援活動。

2.全国IR誘致を目指す、地方自治体、民間団体の支援活動。

3.国内外のIR関連に伴う、各種産業連携への支援活動。

4.学識経験者による、IRマーケティング及びIRコンサルティング活動。

5.世界最新IRビジネスの視察及び調査研究活動。

6.海外IR投資家による日本市場へのプレゼンテーション支援活動。

7.IR法案及び、各エリア許認可に向けた調査研究。

8.日本型IRのデジタル シンクタンクの構築形成。

9・協会任命のジャパンIR  アドバイザリー ボードの選任予定。

10・日本IR・カジノ博物館(商標登録済)建設に向けた検討委員会の設置。

一般社団法人   日本IR協会会長   刀祢秀一
 
日本IR協会
http://japan-ir.jp/

 日本、IR、協会、ガイドライン、アドバイザリーボード