記事一覧

「秘湯」絶景・露天風呂付き客室・離れ、リニューアルオープン・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿、露天風呂付離れ特別室「波の離宮」1号室、ご案内

ファイル 41-1.jpg
「秘湯」絶景・露天風呂付き客室・離れ、リニューアルオープン・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

7月1日、絶景露天風呂付き客室・離れ4棟「絶景・波の離宮」がリニューアルオープン致しました。
増改築にあたって今回のコンセプトテーマは、「遙かなる記憶への冒険」と題し設計施工を行こなわせて戴きました。

幼少の頃より幾度となく夢に現れた、青い空と海と小さな入り江、プールに浮かぶように楕円で青いお風呂、広いテラスにゆったりとしたリゾートチェアーのあるコテージ、これがいつの間にか私の理想の日本旅館の姿となり、遙か遠い記憶を辿って今回の完成にたどり着きました。

ブログ内での写真の色は必然的に「青」を基調として撮影をし、出来るだけ忠実に撮ってみました、
しかし完成後、数時間だけしか余裕がなく、あわてて一気に撮影したため、あまり良い写真の仕上がりには成りませんでしたが、ご容赦ください。

ファイル 41-2.jpg

絶景の温泉旅館(温泉宿)

ファイル 41-3.jpg

今回、絶景なる12万坪の国定公園の敷地の中でこの様なリニューアルをさせて戴きましたが、企画開発の「基本理念」としては、たとえ施設や景観は個人所有の物であっても、地球の資源や財産、環境に手を加えると言う観点からの、責任と自覚を抱きつつ、小動物や自然保有率の低下に出来るだけ繋がらないように細部に渡り配慮し、企画整備を行う所存です、
何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

ファイル 41-4.jpg

リノベーションを終えたばかりの貸切風呂より、絶景・露天風呂付き客室・離れ「波の離宮」特別室を望む。

「秘湯」絶景の露天風呂付き客室・離れ、リニューアルオープン、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿、露天風呂付離れ特別室 「波の離宮」3号室、ご案内

ファイル 40-1.jpg
「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

ランプの宿、絶景の貸切風呂より、リニューアルオープンした、露天風呂付客室・離れ、絶景・露天風呂付離れ「波の離宮1号室」を望む、
個人的にも気に入ったアングルの1つで、写真撮影に際してはカメラ設定をノンフラッシュで撮って戴ければ、誰でも簡単に綺麗な思いで写真が写せるようにライテングを考慮しました。

ファイル 40-2.jpg

プールの前は、絶景の日本海の荒磯が広がります、この日は波が穏やかな夜でした、

こうした、専用プール・オープンテラス・露天風呂付離れの様な形態は今後、日本の温泉旅館の新しい時代を築くものと思われます。

ファイル 40-3.jpg

前後左右、いずれを眺められても超絶景です。

ファイル 40-4.jpg

舟屋建築様式を取り入れた、絶景・露天風呂付客室・離れ「波の離宮特別室」のお部屋です、写真右手にある階段を上がると、素晴らしく絶景な、よしが浦の入り江が見渡せる展望室が備えられており、ご希望しだいでそこに、ご就寝することも出来ます。

舟屋建築とは、また何故貴重なのか
つい最近まで、日本海側の漁村の至る所で見られたごく一般的な建築様式で、一階部分には車の車庫のように船が入り、二階には網の修繕や寝泊まりなどの生活をする、日本各地に古来より有る漁村文化ならではの生活様式です、

しかし近年、海岸線に道路建設を異常なまでに押し進めたため、日本中のこうした貴重な景観や文化遺産、沿岸の生態系等が失われ強いては、海外の観光客の方々からも、日本の海岸線の在り方に強い失望感すら見受けられるように成りました、
三方海に囲まれた能登半島ですら、驚くことに「宿のすぐ前は海」と言う立地条件が整った場所は、多分10箇所程度しかないと思います、
また日本全体でも海岸直結からの宿、ホテルは100箇所位も有るのだろうか?
能登半島国定公園内に位置する、絶景、露天風呂付離れ「波の離宮特別室」の立地環境は以上の観点からも、類い希な宿泊施設とも言えよう。

「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿、露天風呂付離れ特別室 「波の離宮」5号室、ご案内

ファイル 39-1.jpg
「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

今回のリニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ、実施計画にあたっては、新しい「旅」の普遍的価値観を具現化し、日本のオリジナルリゾートを世界に提案し続けられる自分でありたいと願いつつ、設計に着手しました、
また、この露天風呂付離れの設計に際しての基本コンセプトは、「大切な人との時間を、夢のように過ごす」をテーマに、デザインしました。

ファイル 39-2.jpg

この海際の露天風呂付離れは、予想以上にお泊まりの皆様にはとても大人気で、喜ばれています。

ファイル 39-3.jpg

忘れかけていた、宇宙時間を快適空間で体感して戴けます。

ファイル 39-4.jpg

7月1日よりリニューアルオープンして15日間経ちました、お陰様で当初の予想を大幅に上回るお問い合わせ、並びにご予約をいただき、私を始めスタッフ一同、心から感謝を申し上げる次第です、

またお泊まりして戴きました、お客様よりの喜びのお手紙、お電話、FAX、メール等がこれまで以上に多くお寄せいただき、改めて皆様方に頭の下がる思いと、これからもご期待に少しでもお答え出来るように、より一層の努力を、私を始めスタッフ一同致しますので、何卒今後とも宜しくお願いいたします。

「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ。石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿、露天風呂付離れ特別室 「波の離宮」2号室、ご案内

ファイル 38-1.jpg
「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

これからの一軒宿や秘湯に求められる新しいリゾートコンセプトとして、今回「快適な非日常性とは何か?」を追求したひとつのプレゼンテーションです。
尚、歓楽街、バー、コンパニオン、カラオケ等をご要望される方に取っては全く適さない所なので、くれぐれもご了承戴ければ幸いです。

ファイル 38-2.jpg

専用プールの中に、20畳程の眺めの良いテラスを設け、離れ専用露天風呂、脱衣洗面所を設置し、抜群の眺望と快適性、利便性を確保しました。

ファイル 38-4.jpg

地球の鼓動を、誰も味わったことのない臨場感豊かなコンサートホールの様に、スペシャル席でお楽しみ下さい。

ファイル 38-3.jpg

夕暮れの絶景・露天風呂付離れ「波の離宮」2・3・5号室

ファイル 38-5.gif

各、露天風呂付離れの配置図です。

「秘湯」リニューアルオープン・露天風呂付き客室・離れ、石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ