記事一覧

悠久の時を超え、今再び天竺からの来訪 ANEESAH NISHAATさん


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピースーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

聖域の岬における、「空飛ぶ仙人」の伝説

天竺(てんじく)の摩詞陀国(まかだこく)からやってきて、第九代開化天皇から第十一代垂仁天皇(すいにん)の世まで聖域の岬(珠洲岬)に住んでいた方道(法道)仙人は、垂仁天皇の皇子大玉彦忍代別尊(おおたまひこしのよわけのみこと)がことばを発せないでいるのを知って、仙法を用いて治そうと石動山(せきどうさん)におもむいた。

まもなく効験(こうげん)があらわれ、鶴が飛んでいるのを見た尊が「何という鳥だ」と声を発した。方道の名は高まり、舞台となった石動山も宮中から厚く保護されることになった。この世おいて、なすべきことはすべてなし終えた仙人は、まもなく天へ登っていった。すなわち、「能く(天へ)登る」ところ、天と通じる地であるところから、能登の名が生じたのだと記す。

方道仙人の事跡は、播磨、但馬、丹波などの両国三十三観音巡礼札所においても、札所の発生由来とともに多く語られている。

参考資料
「能登のくに」半島の風土と歴史    北国新聞社より
ANEESAH NISHAATさんは北国新聞社主催の「JAPAN TENT」参加者です。

ファイル 175-1.jpg

インドの正装が似合う、ANEESAH NISHAATさん。

ファイル 175-2.jpg

能登半島最先端に1300年の時を超え、今再びこの地に立つ天竺(インド)の特使。

現在計画中のインド姉妹提携州リスト

A・ビハール州 
ガンジス川下流、仏典上(摩詞陀国) 空飛ぶ法道仙人の出身州、インド最貧困州

B・パンジャブ州
インダス河と五つの河の支流、インド経済牽引州、インド最高所得州

C・タミル・ナードウ州
インドの聖地コモリン岬、インド最南端州

ファイル 175-3.jpg

天竺から来た法道仙人がこの洞窟に長年住み付き修行をした場所で、
遂に空飛ぶ力を会得した洞窟と伝えられている「500万年パワーホール」にて。

ファイル 175-4.jpg

パワースポットに翻るインドの国旗。

ファイル 175-5.jpg

聖域の岬は、古事記・日本書紀に登場する「国引きの神話」や
能登の語源となった、法道仙人伝説地等古代から語り次がれている日本の聖地。
インドからの招待者 ANEESAH NISHAATさん