記事一覧

日本パワースポット協会設立に向けて。

学識経験者、パワースポット鑑定基準作成を含めた作業が順当に進んで参りました。

パワースポットの査定基準は、
古来からの伝統文化や伝説に裏付けされてる恩恵、
自然環境と科学的根拠に基づく恩恵、
地球的規模による大地からの恩恵、
人類と海洋を含む動植物への恩恵、等
人類が誕生500万年の間に、いわば本能的に私達が行ってる行動や場所にも着目し、査定対象に考慮する考えです。

ファイル 171-1.jpg

鑑定士の資格要覧は現在作成中ですが習得すると、広範囲な利活用が期待でき、

A・新たな観光開発に向けた、パワースポット指定及び提言者、

B・行政、観光協会、各種団体財団等、地域開発のインスペクション(専門家)、

C・テレビや新聞などマスコミ分野でのアドバイザー及びプレゼンター、

D・山、湖、渓谷、海岸等、不動産保有者への付加価値付け経営コンサル事業、

E・趣味、自己投資、町づくり、ボランティアなど。人生のライフワークに

ファイル 171-2.jpg

日本初の日本パワースポット協会設立か。