記事一覧

地球本体が描く、奇跡の世界三大フェイスジオアートと惑星本体が描く、太陽系三大フェスアート

「人的アートを超越した神のアート」、それが私の世界三大ジオアートの定義です。

発見から創造〜仮説〜新たな概念〜立件立証〜グーグルアース登録認定までのストーリー

私達の母なる地球は今から約46億年前、微惑星に岩石や金属などがぶつかり合い誕生したと考えられています、そして数億年間のマントル対流の軌道を通して、まるで地球本体が私達人類に、メッセージを伝えるかのように「人類の顔」をして現代に出現しました、
果たして三者三様の地球本体のメッセンジャー達は今の人類に何を伝えたいのか、また何を教えたいのか、そしてその真意を清く正しく私達が理解し受け取ることが出来るのか、未来の人類存亡を示唆する重要なメッセージの様なフェイス ジオアートであると私は考えます。

奇跡の世界三大フェスジオアート(ジオはギリシャ語で地球・大地を意味する)

ファイル 148-1.jpg
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=205260805906322074843.0004db9e9e2327e90f292&msa=0&ll=37.605528,137.559814&spn=1.4339,1.809998

地球本体が描く、聖域の岬沖に眠る、奇跡の海溝「幸運の女神」

由来・伝説は先月のブログにて解説。

ファイル 148-2.jpg
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&z=17&ll=50.010538,-110.114585&spn=0.004895,0.009978&t=h&om=1

インディアンの様にも見えるカナダの「バッドランド・ガーディアン」

ファイル 148-3.jpg
http://maps.google.com/maps?ll=-16.342163,-71.955986&spn=.120678,.126386&t=k&z=13&hl=ja

皆さんのご先祖様にも見えませんか?、
嵐に現れ嵐に消える幻のメッセンジャー、ペルーの「人画大地」

まさに眠れる幸運の女神は「太陽系三大フェイスアート」と言えます。

ファイル 148-4.jpg
生命体痕跡の証とも伝えられている、火星の人面岩「メサイア」

ファイル 148-5.jpg
地球が恋しい45億年の想い、月の人面岩

地球本体が描く、奇跡の世界三大フェイスジオアート「幸運の女神」

石川県庁のホームページでランプの宿が人気アクセスランキング上位に

ファイル 147-1.jpg

石川県庁HP「旅ネット」内 約2700件中

総合人気ランキング・・・5位
1位千里浜なぎさドライブウエイ    16位白山スーパー林道
2位兼六園              19位石川動物園
3位白米の千枚田           24位湯涌温泉
9位能登島ガラス美術館        27位ひがし茶屋街
12位輪島朝市            30位石川県観光物産館

観光スポットランキング・5位

宿泊人気ランキング・・・1位

あくまで石川県庁のホームページ上の順位ですが、皆様方のおかげと感謝致しております、今後とも初心に帰り寄り一層皆様方のご期待に添えるように、スタッフ一同努力を致す所存です。

http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data/rank/top

珠洲沖(聖域の岬)に絶滅危惧種の国内最大生育地

ファイル 146-2.jpg

写真左上がランプの宿です、
能登半島の海の透明度が高い理由
高い山がなく、大きな河もない為、南の島並に海はきれいです。

ファイル 146-1.jpg

この他にも藻場の生息率は日本一で、様々な海洋植物の宝庫です。