記事一覧

japan Food tourism 日本のフードツーリズムに向けてと日本三大金運ねこ

世界中の人が、本格的にお寿司や懐石料理など日本の食文化に関心を持ち始め、今日では様々な国から、お食事をメインに日本を訪れると言う方々が増えられました。

ランプの宿でもヨーロッパ・オーストラリア・アメリカなど海外からのお客様も急増し、能登エリアにおいて海外の宿泊人数は3番目に多い宿となっています。(1位加賀屋・2位高州園・3位ランプの宿、石川県庁調査)
今後も日本の伝統文化を、おもてなしの心で表現し、
450年間の歴史の中、秘湯、温泉旅館、を経て新たな日本旅館の幕開けと成りつつあります。

ファイル 143-1.jpg

ファイル 143-2.jpg

チョット一言
これが噂の「日本三大金運ねこ」ちゃん。
能登の土で作った珠洲焼(すずやき)アートの金運ねことして、お土産に大人気です。

特に、海外のお金持ち、富裕層の方々が日本三大金運ねこと称され、大量に購入なされます。まあ日本古来から伝統的に、どこの家庭にも金運や大きな福を招くとして1つや2つは有りますが、遂に全世界にこの猫ちゃんが飛び火しています。

ランプの宿の売店にも「日本三大金運ねこ」と販売してますが、ほとんど売り切れ状態です。ゴメンナサイ。

japan,food tourismと日本三大金運ねこ