記事一覧

越中おわら風の盆・三大流し 

今年も10月第一土曜日(10月1日)に能登半島最先端の町、珠洲市飯田で第17回目の「飯田おわら風の盆」が開催される。

越中おわら節は、お隣の富山県を代表する民謡の一つだが、その由来を辿ると、元は石川県の門前町から発展し、富山の八尾で今日の様に唄われ、花開いたとも伝えられている。

珠洲市飯田で行われる「越中おわら風の盆」の三大流しは、どこか素朴で、遠いふる里を思い出すかのような町流しで、唄も踊りも三味線・太鼓全てにおいて、まさに正調「おわら風の盆」と言えよう。

ファイル 119-1.jpg

県外の皆さま、一度だけでも是非聞いて戴けませんか。
私も越中おわら節が大好きなフアンの一人です。

トラックバック一覧