記事一覧

石川県・能登・日本三大パワースポット「聖域の岬」舟隠しの洞窟 ・日本三大絶景温泉・日本三大空中展望台・ テレビ取材

日本にはまだ居ない、パワースポット鑑定士として、責任をもって査定・認定した偉大な日本三大パワースポットの魅力をご覧頂きたい。
また今後、日本パワースポット協会設立に向けた検討・協議も合わせて行う予定です。

ファイル 107-1.jpg

現存する伝説で、一番最初にこの洞窟のご利益にあずかった人は「源義経」ではないかと推測します。

舟隠しの由来は、今から約800年前、能登に住む平時忠や蕨姫らに会った源義経一行が奥州下向の折り、季節の強風に遭い、命からがらこの洞窟にたどり着いたと言われ、
全員で波が静まるよう祈ったところ、一行の願いが通じ、奇跡的に波が穏やかになり無事出航できたと伝えられています。

また、この事に深く感謝し近くの須須神社には、源義経が、牛若丸の頃より愛用していたと言われる「蝉折れの笛」が奉納されている。(珠洲市文化財)

尚、舟隠しは、NHKの大河ドラマ「源義経」のロケ地にもなり、現在は須須神社境内に作家・村上元三の句「義経は 雪に消えたり 須須の笛」の石碑が建っています。

ファイル 107-2.jpg

聖域の岬にあるホール状の洞窟は、奥行き約100m、高さ約20m、入り口より奥が広い、
写真を撮ると、この様な神秘の青さが輝く。
(舟隠しの洞窟)

ファイル 107-3.jpg

冒険心あふれる洞窟の中は上陸することができ、ホール状の洞窟内にはパーティが開催できる敷地まで有ります、このときはコウモリや大型のアオサギが二羽洞窟内を飛んでいました。

ファイル 107-4.jpg

海からの能登半島最先端、ランプの宿・空中展望台を望む。

このエリアは、ウイキペディアによると、

日本三大絶景温泉 (ホテル浦島・地獄谷温泉・よしが浦温泉・ランプの宿)
日本三大空中展望台(サンシャイン60・梅田スカイビル・スカイバード)
日本三大聖域   (出雲大社・高野山・聖域の岬)
日本三大パワースポット(富士山・分杭峠・聖域の岬)
など日本三大が4件も集結した、まさに日本人が憧れる特別な聖域なのかも知れません。

ファイル 107-5.jpg

写真左上には、聖域の岬にある空中展望台が見え、今日も海の青さが際立っています。

日本三大パワースポット・聖域の岬・石川県・能登
日本三大絶景温泉・日本三大空中展望台

今後の活動計画としては、日本パワースポット協会を設立し、新たな価値観を日本レベルで誕生させ完成させたいと考えています。

聖域の岬(舟がくしの洞窟)
パワースポット鑑定士 刀禰秀一

トラックバック一覧