記事一覧

富裕層の方に大人気、1個2,000円の冬季限定・[幻の朝霧しいたけ]秘湯・石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿

これも「富裕層」・スーパーリッチか、リアルリッチの方しか召し上がれない食材か?
首都圏でとても人気が高く、地元の消費者には高値の椎茸。

ファイル 57-1.jpg

これが能登半島最先端、山伏山の麓にある企業秘密現場、知る人ぞ知る「幻の朝霧しいたけ」栽培の姿です。

ファイル 57-2.jpg

肉厚の良いしいたけを厳選し、林檎やブドウのように一つ一つその日の天候にあわせ、カバーを掛け品質向上に神経を注ぐ。

ファイル 57-3.jpg

しいたけおじさんにお願いして、静かにカバーを外し、拝んでみた、ア〜美味しそう。

ファイル 57-4.jpg

朝霧しいたけの番小屋

このしいたけ一箱に三個入りで4500円だそうです、
最初それを聞いた時、これは農家の人はだいぶん儲かる物なのかと思いました、しかしこの番小屋を見る限りは、そうとも言えないのかも知れません、
所でこのしいたけ、都会の料亭ではいくらになるのだろう。

ファイル 57-5.jpg

朝霧しいたけの炭火焼き、2000円(3月末まで)・・・要予約・・・
予約を戴いても、ご用意出来ない場合が有りますが、ご了承くださいませ。

味の特長
1・肉厚がありみずみずしい
2・椎茸の甘みが強い
3・遠赤効果の高い能登の森炭
4・炭火で炙ると、焼けた香りと旨味成分のジューシーさが一体化し、幻の味?となる
5・4月までしか採れない限定品で、しかも数が極めて少ない絶品である
プラスα、「幻の朝霧しいたけ」はもぎたてを召し上がれます。

よしが浦温泉・ランプの宿では、あまりに美味しすぎて99.9%市場に出ない、幻の極上食材を探し出し、お泊りの方に楽しんで戴けるよう心がけ致しております、

奥能登の地形は日本で極めてまれな、暖流と寒流が交ざり合う、植物の南限・北限でもあり、食材に関しては、沢山の量は取れないが、気候の利点を最大限に生かし、美味しくて貴重な、まさしく富裕層・(スーパーリッチ・リアルリッチ)の方々が好まれる、「食材の宝庫」とも言える、

ちなみにこのしいたけは、よしが浦温泉・ランプの宿のバス停近くで採れます。

「秘湯」石川県能登・温泉旅館(絶景の温泉宿)よしが浦温泉・ランプの宿