記事一覧

ランプの宿、今年の三大 「小さな親切・大きなお世話」パート1 日本三大パワースポット・聖域の岬購入。

・・・・・・・・・・ランプの宿、長期ビジョン構想策定に向けて。・・・・・・・・・

遂に念願の、日本三大パワースポット・聖域の岬(珠洲岬)を購入。
ベスト3

1 念願の、「日本三大聖域の珠洲岬」、10万坪を購入。

この能登半島の最先端エリアは、岬のパワースポットとして、世界のリゾート開発の投資家達からも、注目されている魅惑の土地で、これまでも様々なアプローチがあった場所でも有る。

またここは、代々我が刀禰家が所有してた土地で、150年ぶりに一部買い戻した、今後もご縁が有れば引き続き購入したいと考えています。
ファイル 42-1.jpg

五大特長

A・ 絶景なる日本三大パワースポット、 能登半島最先端・聖域の珠洲岬です、
ここは日本一植物・海藻の分布率が多く、また海の透明度が極めて高いでもある。(写真左上で5〜7m 写真右下で20m~25m)

B ・ 敷地内には、二つの洞窟が有り、海から舟で入れる大洞窟・ 舟がくしと、陸から入れる、人がくしが有る。

舟がくしに生息する、生き物(奥行き約 100m で 二羽の青鷺)

人がくしに生息する、生き物(奥行き約 60m キツネ、タヌキ、イタチ、テン、キジ、コウモリ、等多種多様)

・・・・・・昔は山伏山まで(約700m以上)続いていたとも言われている。・・・・・・

C ・ 出雲の神々の使者(アオイ貝)が、たどり着く「幸せの浜」。
恋愛・結婚・縁起等に何故か効果のある、幸せのパワースポット・プライベート・ビーチがある。
実際この時調査に加わった、結婚志願のスタッフが、10月と11月に、相次いで結婚し**(木下秀也夫妻・古畑卓哉)**(現在は全員結婚)、幸せのパワースポットを今に立証している。

D ・ 朝日、月の出、満天の星空が望め、1Km沖には、神秘の姫島灯台が、望める。

姫島とは、古来から海路の難所と言われ、現在でも恐れられている。
文献によると、元禄時代より、北前船など50隻近くもの船が、座礁しているとも伝えられ、またランプの宿の沖には、第2次世界大戦時、日本海軍の潜水艦、イー号も沈んでいる。
(現在は、この乗組員の慰霊碑が、緑ヶ丘中学校にあり、当時の事を、三崎町・寺家の一枚田 宗九朗氏に、聞くことができる。)

D ・ 漁場の真ん中に位置し、サザエ 、アワビ、お魚、海藻類など、新鮮な海の幸が身近に豊富に取れる、また世界的な渡り鳥の宝庫でもある。

(能登のへぐら島では、渡り鳥の種類が、世界最高の、332種類が飛来する)
・・・・・来年春、オプショナルツアー企画の中に、へぐら島日帰り観光コースを検討中です、お楽しみに。・・・・・・・・

E・ 数々の小説、歌 等の舞台になる、奥能登最果ての岬である。

(文豪では、吉川 英治作・新 平家物語、 柴田 連三郎作・眠狂四郎等、
歌では、阿久悠作詞・都はるみの・北の宿、石川さゆりの・みさき隠れの旅の宿、川中美幸の・らんぷの宿で、等多数)
ファイル 42-2.jpg

ランプの宿の、長期ビジョン作成に向け、7人+a で、新たなる旅立ち。
ファイル 42-3.jpg

1200万年前にできた、日本的にも珍しい溶岩洞窟。
珠洲市史に寄ると、源 義経ゆかりの大洞窟。
村上 源三作のNHK 源義経のロケ地にもなった、奥能登の観光名所である。
ファイル 42-4.jpg

入り口を通過すると、中は思ったより、とても広い、その先60m程舟で入ると、砂浜があった、すばらしい、別世界だ! 誰もが興奮した。
ファイル 42-5.jpg

と、その時、洞窟の上から、キュウーキュウーと何か、かん高い声がした、「何だアレは!!・・・・・・・ 」

ランプの宿、今年の三大 「小さな親切・大きなお世話」パート2 日本三大聖域とパワースポット

・・・・・「巨大な鳥だ"」「こっちへ来るゾ"」

正体は、野生の青鷺 二羽でした。(羽を広げると2mくらいに見えた)

ファイル 43-1.jpg

大洞窟の興奮が、冷めやらぬ間に、次の視察地幸せのパワースポット・「幸せの浜」へ。

この小さな入り江は、いつの頃からか、砂に願いを書くと、願いが叶う、幸せの浜辺、とも言われる神秘に満ちた砂浜で、
昔から、出雲からの、使者タコ貝伝説、源 義経と蕨姫の伝説、刀禰家の伝説、など不思議な由来が耐えない海岸で、まさに日本のサンクチュアリーコープ(聖域の入り江)とも言えよう。
(また、この写真中央の5人も、この海岸を訪れて間もなく、それぞれに結婚した。)

ファイル 43-2.jpg

この海岸(約1km)は、次世代への多様化するニーズ、価値観、希少性、
ロケーション、隣接地との相乗効果等、あらゆる可能性に適合できる、
「創造の聖地」とも言えよう。
長期ビジョンのコンセプトは、
「自然と共存する、世界基準の、不思議で快適な、日本三大聖域、パワースポット」
キーワードは
「空中、水上、洞窟」+プライベートリゾート
ファイル 43-3.jpg

久しぶりに、「幸せの浜」で、ツーショット。

近い将来、新計画を検討中。

日本三大聖域の岬、より回遊型の遊歩道を整備。

源 義経の舟がくし・人がくし等の 洞窟体験(上陸できたら砂浜で、コーヒータイム)。

「幸せの浜」で、自由行動、(人がくし探検、クリア・グラスボート、水上遊具、ハンモック小屋、シャワー施設、ジャグジー、リゾートチェアで、極上のプライベートビーチ一人占め、ワイン、お茶、お弁当セット付き)。

お帰りは、専用カートで好きな時間に、お帰りに成れるように、できればと考えています。

2 絶景の露天風呂付き客室、エステサロンを増設、貸切露天リニューアル。

3 日本旅館のタイムシェアへの展望、海外への調査研究チーム設立。
(年間5回〜7回の海外調査)

・・・・・・・・・・講演・パネラー活動・・・・・・・・・・・・・
ベスト3

1 能登活性化フオーラム・パネラー 珠洲商工会議所、観光部会長として (観客数・1500人)

2 能登元気フオーラム・パネラー ランプの宿、代表取締役として (観客数・1500人)

3 校長・教頭研修セミナー ・ 講演 ランプの宿、代表取締役として (先生方・ 150人)

・・・・・・・・・・奉仕的活動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベスト3

1 カジノ合法化に向けた研究活動。
A 第4回カジノサミット・沖縄に向けてのコンセンサスづくり。(第1回目は、能登で開催)
B カジノ法案、設立に向けて、国会議員・各省庁・内閣府・の方々と共にの勉強会。(議員会館にて、順次開催)
C 国際カジノ産業の、海外実体調査研究。(年間3回)
D 日本経済とカジノに関する講演会活動。(多数、順次開催)
E 日本カジノ誘致連合会、副会長・ 能登にラスベガスを創る研究会、会長としての責務活動。(多数、順次開催)

2 国土交通省・ シーニック・バイウエイの実行委員(フオーラムのパネラーとして、順次出向)

3 国際ロータリー第2610地区、次期ガバナー補佐としての活動。

4 国際ロータリー第2610地区、米山奨学基金、活動委員 (米山功労賞2回受賞)

・・・・・・・・・・番外変・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベスト3

1 すず警察署・沿岸防犯警備委員。(15年間)
北朝鮮密からの入国者の警備、及び拉致被害の再発防止。(昔は普通に、ソ連の偵察機が宿の真上、100m位上空をよく飛んでいました、当時小松基地からのスクランブル発進は、170回を越えたそうです、また、密入国船もたまに発見されます)

2 幼稚園や保育所などへの慰問活動。(15年間)
節分には、鬼、クリスマスにはサンタクロースになり、お子様方に夢を与える、まあ年長組さんには、バレてるらしいけど。

3 能登の海岸清掃。(35年以上)
宿の前の海岸にも、対馬暖流にのって、残念ながら、様々なゴミが打ち上げられます、大体は韓国製が多く、数年前には韓国の奇麗な家が、ほとんど丸ごとの状態で、宿の前に打ち上げられたことも有りました、実はこの頃、韓国人の倫理や道徳、常識等をかなり卑下した覚えが有ります。

しかしその数年後、ハワイの東海岸のきれいなビーチになんと、日本製の、ペットボトルや、油の入ったままのポリ容器、ベットのマットやドラム缶等々、粗大ゴミが、南国の青くきれいな砂浜を、覆い尽くしていました。

この光景、ショックと言うか、信じられないと言うか、日本人の一人として、ハワイの住民の皆様方に、大変に申し訳ない気持ちと、同じ地球に暮らす仲間としての恥を、痛感させられました、。
ハワイの住民の方々は、日本の文化、風習、モラル、国民性等を、どう感じておられるかが、今でも、とてもとても不安です。
私があれほど韓国の国民性を疑っていたから・・・・・・・

来年07年、1月7日より、ハワイでの仕事の打ち合わせが終わり次第、
誠に微力ながら、日本国民の名誉一部回復の為にも、清掃らしき活動を行う計画です。

いや予定にしておくか!!

日本三大パワースポット・日本三大聖域の岬