記事一覧

ランプの宿、カジノ合法化にむけた,第1回「マカオ学術調査団」報告

ファイル 12-1.jpg
アメリカ、ラスベガスにある、ベネチアンホテルの約2倍規模にあたる、世界最大の、カジノホテルの建設現場。(車中より撮影)

近未来カジノ産業の、新たな金字塔計画とも言える、コタイ・ストリップ地区のリゾート開発エリアは、敷地面積、720万m2,
ホテルの客室総数は、20、000室、アパート、30、000室、これら新開発エリアと、既存のカジノ施設を会わせると、最終的に10万室となり、掛け金の利幅を考慮すると、マカオがラスベガスを抜いて、カジノエンターテイメント産業の、世界一となる。

17世紀より合法化されている国と、これからカジノ導入の意義を模索しようとする国とのギャップを、この工事現場を眺めながら改めて、感じさせられました。
ファイル 12-2.jpg
カジノ伝説の神様、ラスベガス・サンズ社オーナー兼会長のシェルドン・アデルソン会長と、私も僭越ながら、感激の握手。

(写真の一口コメント)この時、私に最も長く、ご挨拶のお時間を、お取りに成られました。
理由は、,色彩力学を用いて制作し、たカラーの名刺に興味を持たれて、約10秒、そして、私のりゅうちょな英語のご挨拶に捕まって10秒と、合計20秒も取って戴きました。
この場を借りて改めて、ご挨拶を述べさせて戴きます。

この日は、ラスベガス・サンズ社社長ウイリアム・ウエイドナー氏とも握手を交わすことができ。光栄の至りでした、ただこれまでなら、ここで感激をして終わりなのですが、今回は、サンズ社側では、アジア最大のマーケット、日本市場に向けて、巨大カジノ・ビジネスの売り込みと信頼性の確保、また日本側としては、次世代への日本経済構築に向けて、国際観光のあり方を模索し、カジノエンターテイメント産業の、ありのままの姿を調査研究すべく使命を鑑みながら、双方の経済的展望をもはかる上で、有意義な出会いであったと言えよう。

シェルドン・アデルソン氏の紹介
全米長者番付 2006年 09月 22日付けで 第3位
資産総額 161億ドル
資産増加 1時間当たり 160万ドル (1日43億、1年間、1兆5695億)
ファイル 12-3.jpg
写真上の、巨大建設現場で記念撮影。
サンズ社の、オーナー兼会長と社長共々、2時間30分もの時間を我々調査団のために裂いて戴きました、世界的経済人自らの、トップセールスの姿勢と、日本カジノ市場への期待を、改めて感じさせられました。

ファイル 12-4.jpg
カジノマーケテングセミナーと将来展望についての講義。

ファイル 12-5.jpg
第一回 マカオ学術調査団の集合写真
世界遺産「マカオ歴史地区」 視察
写真、右が視察団の団長、衆議院議員・萩生田光一先生、
写真、左が私です、お間違えのないように。

能登にラスベガスを創る研究会からは、私の他、
運営専務の、安用寺 伯文氏と、大貫 千賀子、明子親子が参加した。

カジノ議員さん達と、ランプの宿、刀禰秀一

ホテルの夜景、刀禰秀一

ディスカッション、刀禰秀一

マカオ政庁にて。
3大特長
1 車で約2時間で回れる、40万人の国に、06年で2000万人と急増の観光客。
(日本は1億2700万人の国に、632万人)
2 インフラ整備、社会福祉の充実、税制の優遇、治安の向上、等が目覚ましい。
3 世界最大のカジノマーケット確立に向け、責任と自覚、希望と勇気、埃と謙虚さが、新たな国民意識を構築させていた。
握手、ランプの宿、刀禰秀一

世界最大のカジノホテルチェーン、ハラースのミシェル・チェン氏との再会

アジアのカジノマーケット担当局長のチェン氏とは、昨年ラスベガス視察の際、大変にお世話になりました。
更に、社長自ら開催する、日本市場向けのプレゼンや、カジノフロアー及びバックヤード等の施設の案内に至までと、此までにない歓待を受けました。
現在、チェン氏は、日本のカジノ合法化の動向を、最も注目している人物の一人である。
日本市場、進出に積極的な理由
1 日本の治安は、先進国中でもトリプル A である。
2 国際観光立国としては途上である、(海外の観光客の入り込み数は、国連加盟国中、34位約632万人、一位はフランスで約8770万人)
3 アジア最高の経済大国
4 現在のアングラ カジノ(地下組織)(インターネットカジノ)で約10兆円・・・国税庁予測・・・とも言われるお金が、税収として上がらず、国益に伴ってない。
5 世界戦略を展開する、カジノ投資家達が、日本市場を21世紀最大のマーケットとして位置づけていて。いわゆる真打ちは、日本と結論づけている。

チェン氏より、シンガポール向けのカジノホテル情報。

このカジノホテル、ナイアガラの滝の、2倍相当量の水が45mの高さから落ちる仕掛けで、視察団一同から、歓声があがった。
カジノフロアは約4%、と平均的だが、水辺空間の演出が際立った。

高台より夜景